【画面割れ】iPad第5世代のタッチパネル交換

iPad5 タッチパネル交換 豊中

こんにちは。iPhone含むスマホ修理専門店のスマホヒーローイオンタウン豊中緑丘店です。

4月に入り、価格表示の変更について前回の記事でご紹介いたしました。修理代金だけでなく、店内にあるスマホケースやマスクなど、全ての商品を税込価格で表示しなければならないため、スタッフ総出で値札を新しく貼り直しています。在庫を大量に抱えているお店なんかはかなり大変でしょうね。

もし表記に誤りがあった際にはすぐに修正しますので、気づかれた方はご連絡いただければ幸いです。

さて、今回もiPadの修理についてご紹介していきたいと思います。タッチパネルにヒビがはいったiPad5(第5世代)の修理を行いました。この第○世代という言い方はiPad特有の言い方で、無印iPadやiPad Proにおいてこう呼ばれます。つまり何番目に発売された商品かを示す言い方です。第5世代ですと、5番目に登場した無印iPadということになります。ちなみに2021年現在では無印iPadは第8世代まで発売されています。お笑い芸人みたいですね。笑

iPadのガラス割れも2時間程度で修理可能

iPad5のガラス割れの修理は、タッチパネルのみの交換で対応できます。今のところ無印iPadはガラスと液晶が別々のパーツになっているため、値段も比較的安くなっています。

iPad5 タッチパネル交換 豊中

このように右側にタッチパネルのケーブルがありますので、右側に開いて行きます。液晶とタッチパネルが別であることがお分かりいただけます。

iPad5 タッチパネル交換 豊中

液晶のケーブルはホームボタン側から出ていますので、このように起き上がらせることで取り外せます。液晶を取り外すと、バッテリーや基板が見えてきます。タッチパネルの交換も液晶の交換も、このような手順で作業を行います。ここから新しいパーツに交換する手筈です。

iPad5 タッチパネル交換 豊中

ただし、タッチパネルの交換の際には、ホームボタンの移植が必要になります。これはTouch IDが使用できなくなるからです。Touch IDというのは、指紋認証機能のことで、ロック画面からホーム画面に解除する際や、スマホで決済を行う際に使用します。いちいちパスコードを入力しなくて良いため、とても便利な機能です。

しかしこのTouch IDは元から搭載せれているホームボタンのみしか反応してくれません。ですのでホームボタンが変わると指紋認証の機能はなくなってしまいます。最近の顔認証機能であるFace IDも同様に、換えが効かないパーツなんです。

iPad Airのように、元から指紋認証機能がないiPadであれば、このホームボタンの移植という作業は必要ありません。

ホームボタンの移植もしっかり行わないと、ホームボタンを押した感触が変わったり、陥没してしまうため、接着剤でカバーがずれないよう固定します。

ホームボタンを移植すれば、タッチパネルを本体と圧着させて完成です。早ければ 1時間程度で終わります。iPad5のタッチパネル交換は、税込12,980円となっています。

iPadのタッチパネルは意外と薄いガラスで構成されていますので、落としたり上からモノを落としただけでも簡単に割れてしまいます。タッチパネルにあるタッチセンサーが壊れてしまうと、タッチ操作ができなくなったり、勝手に操作されるゴーストタッチが発生してしまいます。

画面交換であれば、どのiPadでも対応しております。データを残したまま、即日で修理をご希望される方にはおすすめです!

関連記事

  1. アイフォン11 バッテリー膨張

    【危険】アイフォン11も既にバッテリー膨張が多発

  2. iPad Pro ガラスコーティング

    高価なiPad Proもガラスコーティングで長く綺麗にお使いいただけます

  3. iPhoneのホームボタンがなくても修理可能

  4. XperiaZ5の修理も即日でお任せを!

  5. XperiaXZ2 修理 豊中

    XperiaXZ2のバッテリーと画面同時交換

  6. 持ち込まれたスマホの保護フィルムも無料で貼ります