アイフォンのリンゴループも直りました

こんにちは!この前はラグビー日本代表の試合があり、全国各地で盛り上がったことでしょう。店長も先日他の試合を見に行きましたが、とても迫力があり、いい経験になりました。

ラグビーといえば、全国高校ラグビーが開催される大阪の東大阪市にある花園ラグビー場がおなじみですよね。ですが、実は高校ラグビー発祥の地は、大阪府豊中市だと言われています。ちなみに豊中グランドは高校野球の発祥地とも言われており、今の甲子園の前に全国大会が行われていたそうです。スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店も、ラグビー日本代表に負けないくらい熱い営業をしてまいります!

さて、今回の修理はiPhone10のリンゴループを直してほしいとのことでした。リンゴループという言葉はご存知でしょうか?リンゴループのついて詳しく書いていきます。

突然起こるリンゴループ

リンゴループと聞くと、なんだか可愛らしい感じはしますが、実は恐怖のリンゴループとも言われているくらい厄介なものなんです。リンゴマークというのは、再起動した際に初めに出てくるリンゴのマークのことですが、正常であれば時間が経つとそこからホーム画面に変わります。しかしリンゴループに陥ると、リンゴマークが消えたりついたりすることで、ホーム画面まで起動できなくなるんです。つまり、ホーム画面まで行かなくなるため、実質使えないことと同じだといえます。

データを取り出そうにも、iPhoneが起動しないため、リンゴループの状態から操作ができません。充電をしたり、強制再起動を行っても改善しないことが多いです。

しかもリンゴループは突然起こります。気づいたら使えなくなっているということがほとんどですので、もしなってしまったら焦るでしょう… ではなぜリンゴループに陥るのか。この答えは、皮肉にもわからないんです。これはアップルやキャリアに聞いてもわからないということになります。

考えられる原因はいくつかあるのですが、どれが原因かというのはほとんどわかりません。考えられる原因としては、

  • 基板の故障によるもの(水没や損傷)
  • バッテリーが劣化しており、起動するまでに至らない
  • 脱獄アプリが悪さをしている
  • iOSのアプデート中に、充電もしくはWi-Fiが切れた

といったことが挙げられます。他にも色々あるようですが、基板が物理的に損傷していたり、壊れてしまったとなると、直すのは困難になります。では、当店の場合、リンゴループに陥ったiPhoneを持ち込まれた時、どうするか。それはバッテリーなどの部品を交換してみます。バッテリーの故障により、起動できないとなれば、バッテリーのみを交換することで直せるかもしれません。また、ドックコネクターやパネルなどパーツが邪魔をしている可能性もあります。まずはバッテリーを仮付けしてみて、それでも改善されなかったらあらゆるパーツを変えてみます。このように原因がわからないため、一つ一つ試してみるしか方法がないのです。

初期化する前にできること

今回、iPhone10のリンゴループを直しました。正規店に持ち込んでみたけれど、直せないと言われ、他のスマホ修理店にも見せたが無駄に費用がかかり、直せるかはわからないと言われていたみたいで諦めていたようです。iPhone10ですので、そもそもの端末代も高く、また新しく購入し直すとなればさらに費用もかかります。

このお客様が、たまたま他の修理で当店を利用していただいた際に、このiPhone10のリンゴループについてご質問され、一回うちでみさせていただくことになりました。直らなかったら費用は頂かないということにしましたので、このまま捨てるよりかはわずかな可能性にかけてみることにしました。

強制再起動やSIMカードを抜いてみたり、色々試されたようですが、改善されなかったみたいですので、まずはバッテリーを変えてみました。するとすぐに起動し、ホーム画面に移行しました!お客様も、えっ、そんなすぐに直ったの???と驚いておりましたが、このようにすぐ直せることがあるのがリンゴループなどシステム的な不具合です。iPhone10のバッテリー交換は10分ほどでできますので、すぐにお渡しできました。

iPhone10からバッテリーがL字型になりましたが、交換するのに時間は変わりません。このiPhone10は2年ほど使っていたようですので、バッテリーが不具合を起こす時期でもあり、今回交換したことでまた2年ほど使えるようになります。使えなくなったと諦めていたiPhoneが復活し、バッテリーも新しくなったため、まさに一石二鳥です。もちろんデータはそのまま残っていました。

もし、修理で治すことができない場合には、リカバリーモードからitunesに接続して初期化を行うことになりますが、これでも必ず使えるようになるのかはわかりません。ですが、このように簡単に直せるかもしれませんので、もしリンゴループなど他のお店で断られたものがありましたら、ぜひスマホヒーローにお任せください。余計な工賃やパーツ代は一切かかりません。

関連記事

  1. iPhone6のドックコネクターの交換修理☆箕面市からご来店

  2. HUAWEI Mate10 Liteの膨張したバッテリーも交換で改善

  3. Zenfone3 Ultraのバッテリー交換が増加

  4. カメラが突然映らなくなることも…【スマホヒーロー】

  5. HUAWEI MediaPad M3 バッテリー交換

    HUAWEI MediaPad M3のバッテリー交換

  6. 恐怖のりんごループ