スマホのガラスコーティング受付中!スマホを3年以上保護

ガラスコーティング スマホ

今、巷でも人気のあるガラスコーティングを当店でも承っております!

ガラスコーティングには、ガラスに傷が入ることを防ぐだけではなく、たくさんのメリットがあります。実際にどのような施行を行なっているのか、また仕上がりの状態はどのようなものなのかを今回は徹底解説していきます。これを見るとあなたもガラスコーティングをしたくなる⁉︎はずです。

ガラスコーティングというと、大抵の方は車の施行で耳にしたことがあるかもしれません。実際にネットで『ガラスコーティング』と検索すると、車のコーティングがメインに出てきます。CMでもカーコーティングといった単語が出てくるので、車にコーティングをする方も多いと思います。

基本的に車のガラスコーティングと原理は似ています。コーティングをすると綺麗になって、傷がつきにくくなるイメージであっています。

ではまずはガラスコーティングのメリット、デメリットについてお伝えしましょう。

スマホガラスコーティングのメリット、デメリット

当店でご来店されるお客様が、まずガラスコーティングを行うにあたって求めているのは、スマホを落とした際に表面のガラスであるタッチパネル(画面)が割れないことだと思います。

初めに言っておきますが、ガラスコーティングを施行したからといって必ず割れない、ということではございません。いきなり出鼻を挫くような表現ですが、ガラスを割れにくくする方法だと思ってください。

まず絶対に割れなくする方法というのは、存在しないと思いますので、そこはご理解のほどよろしくお願いいたします。

では、どのような原理でガラスが割れにくくなるのでしょうか。当店のガラスコーティングは、”塗るガラス”という表現をしています。塗るガラスでスマホを守るということです。

塗るということは液体をスマホに塗布し、固めるということなんです。液体である溶剤を、満遍なく塗ることで元のガラスの表面がコーティングされます。詳しい施行方法や過程は後ほど解説いたします。

ガラスコーティングというのは、時間が経過すると固まる溶剤を塗ることで、元のガラスにある細かい凹凸を埋めていく作業になります。実はこの細かい凹凸によってガラスというのは割れやすくなります。目には見えない凹凸に衝撃が加わることによって、ダメージがその部分に集中し、割れたりヒビが入ります。

これはどういうことかと言いますと、以前NHKの番組でも紹介されたのですが、スナック菓子の袋を開ける時と類似しています。手で開ける際、ギザギザの部分から開けますが、あそこの部分が平坦であった場合、力が分散されかなり開けにくくな理ますよね。それを想像してみてください。

ガラスには実は細かい傷が無数に存在しています。新品のスマホでも、顕微鏡レベルで見ると、傷があり凹凸が見られます。つまりはその凹凸の部分にダメージが集中するため、ガラスは割れてしまうんです。ガラスはよっぽど高温ん状態にしなければ変形することができません。ですので衝撃がもろに加わります。

割れにくいガラスというのは表面の凹凸をできる限り平坦にしています。つまりガラスコーティングというのは、液体である特殊な溶剤を塗って固めることで、その凹凸部分をなくしていくことになります

こうしてなるべく平坦化されたガラスにすることで、割れや傷を防ぐことができます。もう一つ言い換えれば、凹凸がないため油脂などの汚れも付着しにくくなります。平坦であれば拭くだけで汚れが取りやすいですよね。ガラスコーティングには傷から守るだけではありません。

つまりガラスコーティングのメリットとしましては

  • ガラスを割れにくくする
  • ガラスに傷がつきにくくする
  • 汚れが付着しにくくする

これらのことが言えます。

ではデメリットはないのか、そう思いますよね。今までのだけを見ると、全員が行うはずです。ですが、ガラスコーティングのメリットというのは全くないんです。これは自信を持って言い切れます。

ガラスコーティングをしたからといって、使用に当たって指感触が悪くなったり、見え方が変わるといったことはありません。むしろ微少な凹凸を平坦にしているため、指感触もよくなるというかたもいらっしゃいますし、見え方も綺麗になったという声も多数挙がっています。見え方に関しては、汚れも付着しにくく、また光の屈折が少なくなるためであると考えられます。

当店のガラスコーティングは、1000ナノメートルといった肉眼ではわからないほどの薄さになりますので、我々でも見た目だけでは施行しているのかわかりません。ですので、メーカーの保証対象外になることも一才ございませんので、ご安心ください。(自分からこのスマホにはガラスコーティングを施行したといえばもしかすると引っかかるかも?)

あと皆さん気になるのが、コーティングしたものを剥がすことができるのかだと思います。これに関しては、ガラスフィルムと違って剥がすことはできません。それではもし傷が入ったり、割れたときにどうすればいいのか、疑問に思いますよね。これはそのガラスごと交換しなければ直すことはできません。つまりは画面交換になります。

しかしなぜこれがデメリットに値しないと言いますと、何もしていないスマホよりかは傷がつきにくいからです。ガラスフィルムは剥がすことができますが、こちらもスマホの画面が絶対に割れないわけではありません。ガラスフィルムが割れたからといって文句を言う方はいないかと思います。つまりは剥がしたいと思うことがないんです。

もし割れた場合には、何もしていなくても強化ガラスを貼っていても割れていたと思うようにしています。実際に実験的に比較している動画も散見されますが、やはりガラスコーティングを施行したものの方が、傷が入りにくくなっています。

また、ガラスコーティングの上から強化ガラスを貼るのも推奨しております。どうしても傷を付けたくない方には、それが一番いいかもしれませんね。

スマホコーティングの持続期間や手入れについて

スマホヒーローイオンタウン豊中緑丘店でガラスコーティングをされる場合、スマホで見ると片面が3,300円、両面施行で5,500円です。効果なガラスフィルムと比べてもさほど差はありません。他社のガラスコーティングと比べても安い方かもしれませんね。

では、一回の施行でどれくらいコーティング状態が続くのでしょうか。それは約3年と言われています。

新しいスマホにガラスコーティングをすると考えると、一回の施行で次のスマホに替えるまで続くということになりますね。バッテリーの交換などでさらに使う場合でも、2回ほどしておけばずっと保護されると言えます。

両面施行というのは、いわばスマホ全体をコーティングします。液体ですので、場所によるコーティングの質は基本的に一緒です。バックパネルもガラスになっているスマホが増えたため、両面施行がおすすめです。

手入れについては、汚れが目立った場合にタオルなどで拭くだけで綺麗になります。先ほども記載したように、凹凸がない分スマホについた汚れは付着しにくくなります。平坦な床を拭くようなものです。使用に関しても通常通りで構いませんので、ガラスコーティングの上からアルコール消毒をしても大丈夫です。

スマホ以外にもコーティングはできますので、綺麗な状態を保ちたいものには絶対的にお勧めしております。なんでもご相談くださいませ。

以上のように、ガラスコーティングにはメリットばかりで、やらない方がいいという理由はありません。少しでもガラスコーティングについて理解を深めていただけましたでしょうか。もっと詳しく聞きたい方は直接のお問い合わせもお待ちしております。

次回は実際の施行についてまとめていきます。

関連記事

  1. GalaxyS6 edgeのバッテリー交換【豊中市からご来店】

  2. 大人気Zenfone3 ultraの電池交換

  3. iPhoneのWi-Fi接続不良も修理で直る⁉︎

  4. iPhoneが水没してもスマホヒーローで救出〔吹田市からご来店〕

  5. 画面交換のついでにバッテリーも買えるとお得

  6. Zenfone3 Laserのバッテリー交換