スマホの画面が割れていてもガラスコーティングはオススメ

何度もオススメしていますが、スマホのガラスコーティングが大好評です。今回は、スマホの画面が割れており、多少のヒビで画面を交換まではしたくないというお客様がご来店されました。スマホヒーローとしては、スマホの画面割れの危険性を存じ上げているため、まずは画面交換を提案いたしましたが、多少のヒビであるため、値段の兼ね合いでガラスコーティングを最終的にオススメいたしました。

コーティングで多少のヒビならごまかせる⁉︎

たまたまスマホを落としてしまった、あるいは角にぶつけてしまい、画面にヒビが入ったり傷がついたりすることは、誰にでも起きてしまうことでしょう。画面を割りたくて割ることはないと思いますが、どんなに頑丈なケースをしていても割れてしまうことがあります。しかし、わずかなヒビだと、費用や手間の問題で修理に出したくないとお考えの方が多いです。そういった方にはタイトル通り、ガラスコーティングを施行することで多少誤魔化せることやそれ以上の悪化を防ぐことができます。もちろん画面をすぐに交換することが一番ですが、こういったガラスコーティングでの保護もありかなと思います。

ガラスコーティングのメリットとは

  • 最高硬度9H以上

元々は防弾ガラスの技術を応用し、ナノサイズのガラス溶剤を塗ることにより、硬度を9H以上にまですることができます。これは保護フィルムと比較しても同等もしくはそれ以上の硬度を誇ります。まずは画面を衝撃から守ることが一番の目的です。この硬度ではカッターナイフなどを切りつけても傷がつかないと言われています。

  • 汚れ、指紋が付着しにくい

スマホヒーローでのガラスコーティングは、実は液体を塗布するんです。その液体が自然と硬化を始め、目に見えないほどのナノサイズでガラス化します。これにより、画面にある多少の凹凸に入りこむことで、平らになり指紋などの汚れが付着しにくくなります。画面を衝撃から保護するだけでなく、汚れからも守ってくれるんです。

  • 滑らかな指ざわりでタッチ操作もスムーズに

上記の、汚れが付着しにくくなるのと同様の理由ですが、凹凸が軽減されるため、指ざわりが滑らかになります。保護フィルムだとどうしても厚みが出てしまい、またザラザラした感触などが目立ちますが、ガラスコーティングでは驚くほどスムーズに画面を操作できます。また、結果的に画面の写りも綺麗になり、施行前と後では見違えるほどにクリアになります。また、ブルーライトを極力カットしたい場合には設定である程度軽減することができます。

  • 驚異の3年持続

一回の施行で約3年持続します。保護フィルムだと、気泡が入ったり角が削れたり傷がついたりと、おそらく同一のガラスフィルムで何年も持つ方は少ないと思います。しかし、ガラスコーティング自体は約3年は持続しますので、機種変更するまでの間は十分に画面を守ってくれます。またガラスコーティングをしたからといってメーカーの保証が切れるということはありません。

ガラスコーティングの費用と時間

ガラスコーティングにかかる費用はスマホの片面で3,000円になります。以下のチラシをご参照ください。

 

そしてかかる時間は最短で10分から施行可能です。リスクもなく、手軽にガラスコーティングを体験していただけます。ぜひ一度体験してみてください!

関連記事

  1. マナーモードに切り替わらないスマホ

  2. 今度はAir Podsの新作が発表⁉︎ 修理速報も

  3. iPod touchの画面交換も即日修理が可能

  4. HUAWEI MediaPad M3 バッテリー交換

    HUAWEI MediaPad M3のバッテリー交換

  5. 充電できなくなったiPhone8Plusの修理/千里中央から御来店

  6. ZenPad3 8.0 バッテリー交換

    ASUS ZenPad3 8.0のバッテリー交換/豊中、箕面のスマホ修理ブログ