充電できなくなったiPhone8Plusの修理/千里中央から御来店

突然充電ができなくなったiPhone(アイフォン)8Plusが持ち込まれました。今回は豊中市の千里中央にお住まいのご来店いただきましたが、お買い物している間に完璧に修理をし、仕上げる事ができました。

もし自分のスマホがいきなり充電できなくなったことを想像してみてください。焦りますよね。焦りと不安が一気に駆り立てられるのではないでしょうか。あと何%バッテリーの残量があるのかでパニックになってしまいそうです。

充電できなくなる、と言っても考えられる原因はたくさんあります。まず一番に考えるのが、充電ケーブル(iPhoneの場合Lightningケーブル)側に問題があるのかどうかです。これは実際に経験した事がある方も多いとは思いますが、充電ケーブル自体が断線などで壊れており、プラグやアダプタから電力が供給できていない状態です。この場合だと、どのiPhoneに充電器を挿しても充電する事ができません。他の人のスマホでも充電させてもらうと結果はすぐにわかると思います。充電ケーブルを購入する事で改善されます。

ただ一つ注意点として、100均や安価なものをネットなどで購入することは極力避けるべきだとうことです。巷には充電ケーブルだけでも何百種類かもしくはそれ以上のものが存在しています。Apple純正のものだと結構な値段がするものもあります。それに対して100均でも購入できますので、そちらを使用している方が多いとは思いますが、やはり安価なものだとiPhone自体に異常をきたす事があります。バッテリーの劣化を早めてしまうケースや電源が入らなくなるケースが今までありました。見た目は同じようなものですが、値段の差がこんなにもあるということは、性能や安全性において全く異なると言えますので、なるべく純正品やそれに近いものを使って充電することをお勧めします。

スマホヒーローイオンタウン豊中緑丘店にも充電ケーブルはご用意していますので、ぜひお買い求めください。Androidに対応するMicro USBやType-Cのケーブルもございます。

では他の原因として、ハード面から書いていきます。ハードとはつまりパーツのことです。他のiPhoneでは充電できているのに、自分のiPhoneだけ充電できないとなると、端末自体に問題があると考えられます。基本的には二つのパーツが挙げられます。

まず一つ目として、一番確率が高いものでいうとドックコネクターです。ドックコネクターという言葉はあまり聞き馴染みがないかとは思いますが、言い換えると充電コネクターのことを指します。ドックコネクターにはバッテリーに充電するという機能だけでなく、大変重要な機能をいくつも持っています。詳しくは以下の記事をご参照ください。

iPhone6のドックコネクターの交換修理☆箕面市からご来店

コネクター充電の差込口自体が故障してしまうことで充電ができなくなる、ということは頻繁にあり、当店でも修理依頼が多くきます。充電という行為は何百回と行うため、コネクターとケーブルの端子が擦り合わせれることで磨耗していきます。ですので純正の充電ケーブルを使おうが充電されることはありません。

もしこのような状態に陥った際、いち早く充電できるように直したい、他の原因もあるのかちゃんと調べて欲しいという方は当店に直行です。

iPhoneのドックコネクター交換も最速で可能

ドックコネクター修理はiPhoneの場合、どの機種でも可能です。アンドロイドのドックコネクター修理も多数行なってきました。

ドックコネクターはiPhoneの下部のほうに存在します。iPhone7から基板までも取り外す必要があるため多少時間はかかりますが、今回のiPhone8Plusですと長くても1時間あれば全ての作業が完了します。iPhone6や6sの場合だと20分くらいで終わります。これは豊中市のスマホ修理店の中でみると最速でしょうね。先日も15分ほどでドックコネクターの交換をする事ができました。

修理時間が早いという事が売りなのですがそれは一旦おいときまして、ドックコネクターの修理の様子を見ていきましょう。

まず基板やドックコネクターを取り外していくのではなく、あたらしいドックコネクターを装着することで充電ができるようになるのかを確認します。この仮付を行わずに交換をし、もしそれでも充電ができないとなると時間のロスですよね。今回はバッチリ充電できることを確認しました。

ここからは基板を外し、ドックコネクターを外していきます。右上に少し見えていますが、ネジがいっぱいありますね。かなり小さく細かいので無くさないように注意が必要です…

 

バイブレーションやスピーカーなどもドックコネクターに接続されていますので、全て外して交換しました。これで無事に充電する事ができました。

余談ですがドックコネクターに関してたまにあるのが、充電器の一部がハマって抜けなくなる事です。この場合、無理やり取り出すこともできなくはありませんが、端子自体を傷つけてしまうこともありますので基本的には交換を行っていきます。

バッテリーが限界に来ている場合でも充電できない

ハード面のもう一つの原因として、バッテリーが蓄電できない状態になっていることもあります。充電ケーブルから供給された電力は全てバッテリーに貯められます。バッテリー自体が劣化することで、充電できなかったり、あるいは充電できているようでも実際に電力が溜まっていない事が起こり得ます。

放電量の方が蓄電量よりも多いと、充電していても減っていきます。これはバッテリーだけでなく基板に問題がある場合などに見られる傾向ですが、闇雲に修理を行うのではなく、まずは原因を突き止めてお客様がご納得された上で適切な作業を行なっていきます。

スマホの全ての機能を司っている基板が故障してしまうと、必ずしも修理で改善する事ができるとは限りませんが、他のパーツだけが故障している場合だとそのパーツの交換のみでなおります。バッテリーは定期的に診断を行い、無理に長く使い続けるのではなく、交換する事で同じ端末をできるだけ長く使っていきましょう!

関連記事

  1. XperiaXZ2 修理 豊中

    XperiaXZ2のバッテリーと画面同時交換

  2. iPhoneの画面が浮いていると思ったら…

  3. iPhoneのバッテリー膨張はそのままだと危険!【最短5分でiPhone修理】

  4. Xperia Z3 compact 画面交換

    Xperiaの画面交換〔豊中、箕面で修理するならスマホヒーロー〕

  5. iPhoneⅩ バッテリー交換

    隙間が開いたらバッテリー膨張を疑え!豊中市にあるiphone修理店

  6. Nexusの修理も行っています。箕面市からご来店