壊れやすいNintendoSwitch(スウィッチ)のジョイコン修理

ご無沙汰です〜。今日は非常に修理依頼の多い、Nintendo Switch(ニンテンドースウィッチ)のジョイコンの交換について書いていきたいと思います!

ジョイコンとは、スウィッチのコントローラーのことです。スウィッチは液晶パネルとコントローラーが別々になっており、左右にくっついているのがジョイコンと言います。Joy-Conと言うのが正式名称です。Joy(楽しい)コントローラーという意味でしょうか。

このジョイコンにはLとRがあり、左右で異なる機能を持ちます。今までのテレビゲームと同様な感じです。しかしジョイコンは、スウィッチに接続せずにでも、独立して遊ぶ事ができます。もちろんスウィッチとテレビを接続することも可能ですので、ジョイコンだけを持ってゲームができます。また、一人が片方づつ横向きで使うことで二人対戦も可能なんです。小さい割にかなりやりますね。

余談ですが、スウィッチの由来は、テレビとゲーム機をよりシームレスにしていくということで”転換”といった意味で使われていると言われています。さらには今までのゲーム機と比べて日常生活で遊びやすくしたいというコンセプトも込められています。

話を戻しますが、このスウィッチのジョイコンは非常に壊れやすくなっています。ジョイコン自体は両方で1万円以内で購入できるので、安いといえば安いのかもしれませんが、わりとすぐに不具合を生じてしまうみたいです。

どんな不具合かと言いますと、一番多いのがコントローラーのスティックが勝手に動くことです。中央やや上にある丸いスティックを動かすことで、カーソルやキャラクターを動かす事ができるのですが、壊れることによって何も操作していないのに勝手に動いてしまうんです。これはジョイコンのセンサーやコネクターが壊れることによって生じるため、こうなればジョイコンのスティックだけ交換することで改善されます。

ジョイコン修理は15分程度で書い直すよりも安い

任天堂が公式に修理の受付を行っていますが、ここに修理を依頼するとかなり時間を要します。郵送する手間や次にスウィッチを使えるまで待つことを考えると、あまりお勧めできません。しかしスマホヒーローイオンタウン豊中緑丘店では、15分程度であっという間にジョイコンお修理ができます。

片方の修理につき3,000円(税別)で行っているため、新しく買い直すよりも安価で修理を受ける事ができます。すぐに直す事ができるので、お子さんもゲームをするのを我慢しなくても済みます♪

ジョイコンのネジを外し、分解していきます。ジョイコンのバッテリーなどを外していく事で、スティックまでたどり着く事ができます。あとは新しいスティックに付け替えるだけで完了です。

意外とご自身でパーツを購入し、自ら修理をされる方も多いのですが、一つ注意点としてネジを外すのが難しいという事が挙げられます。実は留められているネジというのはプラスやマイナスではなく、Y型のネジであるため、専用のドライバーが必要になります。そしてこのネジを外すのが結構硬い時があり、すぐにねじ穴がなめてしまうんです。一旦ねじ穴がなめてしまうと、そこからの作業は基本的にできなくなるため、せっかく購入したパーツが無駄になることも多いです。もしご自身でされる方は十分に注意してください。

スティックを交換した後は、ちゃんと直ったかを確認します。上の写真のように”設定”から”コントローラーとセンサー”をタッチします。この時点で直っていなければ勝手に下に行ったり上に行ったりするため、ある程度はわかります。

その中の”スティックの補正”をクリックすると、下のような確認画面が出てきます。

+で表示されていると、きちんと真ん中で止まっているということになりますので、勝手に動いていないという証拠になります。ここが+ではなく勝手に左右上下に動いていると、直っていないという事になります。もし今の状態が気になる方はこのような方法で簡単に調べる事ができますので、試してみてください。

わずか15分程度でお渡しすることができました。スウィッチの修理は他にも液晶やタッチパネルの割れの修理や、バッテリーの交換なども行っております。ぜひご相談ください!

関連記事

  1. スマホヒーロー オープンキャンペーン延長実施中

  2. iPod Touch7のパネル交換【箕面市から御来店】

  3. モバイルバッテリーから発火する事件が…

  4. iPhone バッテリー

    スマホヒーローでは高品質パーツを使用【豊中のiPhone修理専門店】

  5. Xperia XZ1を長く使い方は電池交換が得策

  6. スマホ修理だけではない⁉︎本日もガラスコーティング希望の方が続々とご来店