恐怖のりんごループ

こんにちは!スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店です!
本日は、iPhoneの故障の中でも最も恐ろしい、りんごループについてご紹介したいと思います。誰でもなる可能性はあり、自分で直すのもなかなか難しいので、もしりんごループに陥った場合の対処法をお教えします。

りんごループとは

まず、聞き馴染みがあまりないとは思いますが、りんごループとは、何度も電源を入れようとしても画面にりんごのマークがついたり消えたりとループすることです。電源をつけたとき、まずはリンゴのマークが出てきますよね。そこからしばらくしてから、ホーム画面になります。しかしりんごループに陥ってしまうと、ホーム画面にまでもいかないため、結局は使えないということになります。かなり恐ろしいですよね。りんごループが起こる原因や対処法などをまとめていきます。

りんごループの原因

りんごループになる原因は、実はたくさんあるんです。

  • アップデートをしている最中にWi-Fiが切れてしまった
  • itunesにつなげているときに接続が切れてしまった
  • 起動するために必要ななファイルが壊れてしまっている
  • アプリ(脱獄アプリ)をインストールした
  • 基盤自体に損傷がある(落下や水没など)
  • バッテリーの劣化
  • データ容量が満杯になっている

などが挙げられます。iOSのアップデート中によって起こることが多いです。電源が切れてしまったり、途中でWi-Fiが切れてしまうとなると言われています。こうならないように、アップデート中はなるべく動かさないことが大事ですね。他には、落下などで基盤に損傷が見られる場合や、バッテリーやドックコネクターなどの異常で起こることもあります。では、こうならないためにどうするのがいいのか。落として画面が割れている場合には画面交換を行なったり、長期間使用している場合にはバッテリーの交換をオススメいたします。他には大切なデータをバックアップすることも必須です。では、りんごループになった場合、自力で直せるのか、はたまた直すことはできないのかをこれから書いていきます。

りんごループ時の対処法

現実的にいうと、りんごループは必ず直せるということではありません。これがかなり厄介ですよね。まず自分でできることとしては

  • SIMカードをiPhoneから取り出してから再起動をする
  • 強制再起動をしてみる
  • セーフモードで起動してみる
  • itunesにつなげてアップデートをかけてみる

などがあります。SIMカードを読み取る部分が原因で、起動できなくなっている可能性もあります。強制再起動に関しては、ホームボタンとスリープボタンを一緒に長押しします。iPhone7ではスリープボタンと音量を下げるボタンを一緒に長押しします。iPhone8では、音量を上げるボタンを一度押し、次に下げるボタンを押します。その後スリープボタンを長押しします。iPhoneⅩでも同様です。セーフモードとは、iOSに何らかの異常が生じた場合の診断モードのことです。iPhone5・6シリーズであれば、強制再起動時のようにスリープボタンとホームボタンを長押しし、りんごマークがついたらホームボタンだけを押し続けます。そしてホーム画面になればホームボタンも離します。iPhone7であれば、ホームボタンではなく、音量を上げるボタンを長押しします。あとはiPhone5・6シリーズと同じ容量です。ここで、音量を上げるボタンと下げるボタンと間違えないように注意してください。これでもし問題なく起動できれば、もう一度電源を落とし、再起動すればりんごループから脱出となります。この場合、直前にインストールしたアプリが原因であることも考えられますので、そのアプリをアンインストールするのがいいでしょう。他には、itunesにつなげてアップデートをかけると直ることもあります。

そして、もしこれで治らなかった場合、すぐにスマホヒーローまで持っていきましょう。上記の場合はソフト面での異常があれば直りますが、現実的にはあまりリンゴループから脱出することは多くありません。ハード面で言うと、バッテリーやドックコネクターの交換によって治ることもあります。バッテリーの劣化によって起動で気なくなった可能性や、他のパーツの異常によってリンゴループを引き起こしてしまった場合もありますので、諸々を交換してみます。もちろん交換しても治らなかった場合には、作業台のみいただきますので、ご安心ください。専門家でも、原因を特定することはむずかしいですが、まずは対処法を熟知しているスマホ修理屋にお任せくだい。

もし、すべての対処法を施しても直らなかった場合には、リカバリーモードで初期化します。リカバリーモードにするには、まずパソコンと充電ケーブルが必要です。iTunesを起動し、iPhoneと接続し、強制再起動と同じボタンを長押しします。そしてiTunesのマークが出現したら離します。するとしばらくしてから、iTunes上で、『リカバリーモードでデバイスを検出しました』という表示が出ますので、あとは更新していくと使用できるようになります。しかし、こちらの方法を使うと必ず初期化されてしまい、データも消えてしまいますので、必ず定期的にバックアップをしておきましょう。もちろんこれらでも必ず直ると言うことでもありません。

リンゴループのまとめ

みなさんいかがでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。リンゴループに陥ってしまったという方は、そんなにはいないと思いますが、もしなってしまったら相当パニックになりますよね。データが戻ってきたらラッキーだと思っていただければと思います。何ども言うように必ずバックアップを取っておきましょう。万が一リンゴループになってしまった場合、スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店にお任せ下さい。無料バッテリー診断も行なっていますので、バッテリーが劣化する前に、バッテリー交換を行いましょう。iPhone・スマホの悩みはすべた解決いたします。

スマホヒーロー イオンタウン緑丘店
営業時間:10:00〜20:00
TEL:090-8389-2010

皆様のご来店をお待ちしております。

関連記事

  1. Xperia XZシリーズのガラス、バッテリー交換もデータそのままで

  2. iPhoneⅩRのリアカメラにヒビが!写真のトラブルもお任せを

  3. iPadmini4 液晶修理 豊中

    iPad mini4の液晶修理!アイパッドも買い直すより修理がベスト

  4. Nexus5のバッテリー交換

  5. Xperia XZ1の修理【アンドロイドも修理可能】

  6. iPod Touchもまだまだ捨てたもんじゃない!豊中で画面修理はスマホヒーロー