新型iPadが発表!スマホヒーローはiPadも修理可能

こんにちは!スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店からお送り致しております。豊中は雨模様ですが、今週は雨が続きそうですね。雨だと気持ちもどんよりしがちですが、スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店は負けずに元気よく営業していきます!

iPad AirとiPad miniの新型が発表

無印のiPadが3万円台から購入できるようになり、一際注目されているiPadですが、昨日アップル社が新型のiPadを発表しました。毎年iPhoneといったスマートフォンやこういったタブレット類まで新型を発表しているので、本当にすごいですよね。スマホ事業は停滞しているとは言われていますが、今後も各社から様々な端末が販売されることでしょう(現在は日本ではiPhoneがシェア1位)。さらにはアップルは動画配信サービスを今月25日に発表するようで、サービス事業の拡大を目指しているんだとか。ただし、同じアメリカのアマゾンやネットフリックスなどが動画配信サービスで先頭を走っており、知名度も相当なものであるため、どうなるかはコンテンツの内容とユーザー次第となるでしょうね。とにかく発表が待ち遠しいです。そして今回のiPadは、見た目では旧盤とほとんど変わりないですが、初代Apple pencilに対応するなどの進化が見られ、処理性能も大幅にアップされました。しかし実際のところ、『iPadって、ProとかAirとか小さいminiもあるし、何世代とかよくわからない』と思われる方が多いでしょう。家電量販店で説明を聞いても、結局はどのシリーズがも最もニーズに合っているのかがわかりにくいこともあります(iPad proであったり、Wi-Fi モデルではなくCellularモデルなど高価なものを売りたいため)。そんな方にも参考になるように、今回はどのように進化したiPadとなったのでしょうか、詳しくみていきたいと思います。

iPad Air

新型iPad Air(10.5インチ)の発表は名称としては約4年ぶりとなります。まさかの復活、ということですね。まず気になる価格は、5万4800円〜(税別)となっており、iPad proの8万9800円と比較すると、まだお買い求めやすくはなっています。サイズは9.7インチから10.5インチと一回り大きくなりました。最新世代のプロセッサやディスプレイを搭載しているので、無印iPadよりはるかに性能はいいと思います。今回のiPad AiriPad Proほどではないが、いいスペックで小型なものがいいという方にはオススメです。

iPad mini

こちらは前回の3世代から約3年半ぶりの新型発表となりました。サイズは7.9インチとiPad mini3のサイズとは変わりません。大きく変わったことといえば、初めてApple pencilが対応できるようになったことと、True Toneが採用されたことでしょうか。True Toneとは、周囲の光に応じて、自動的に色や明度が調整出来る機能です。あとは、A12 Bionicプロセッサが搭載されており、フロントカメラが7メガピクセルにまで進化しました。新型iPad miniのお値段は4万5800〜(税別)となっており、無印iPadよりは高価ではありますが、性能は全然異なります。

二種類とも、今月の30日より販売開始予定です。使用用途にもよりますが、今回のiPad AirやiPad miniはとても使いやすくはなったかとは思います。ただし、これら2種類の新型iPadに残念なのは、初代のペンシルしか対応していないことや、Lightningケーブルの対応のみであったり、Touch IDのみの採用といったところでしょうか。iPad Proでは、側面にマグネットでくっついて無線充電できる第二世代のApple Pencilに対応できますし、また顔認証であるFace IDの機能が搭載しています。ホームボタンが廃止されており、画面が広く感じます。また、カメラの精度に関しても、ポートレートモードが使えたりと、iPhoneⅩ以降と同じような高性能となっています。プロセッサもiPad Air、iPad miniのA12 Bionicよりも高性能なA12X Bionicを搭載しており、全然違います。またUSB端子はUSB-Cであり、丸っこい形のものです。USBのType-Cは、超高速データ転送が可能で、USB2.0と比較すると、1GBのデータであれば約0.9秒と20倍もの速さを誇ります。今後iPhoneもType-Cが採用されると言われています。

やはりiPad Proはさすがといったところでしょうか。しかしお値段が最安値でも11インチのストレージが64GBでWi-Fiタイプのもので8万9800円となっています。iPadも値段が高騰化するにしたがって、機能や性能はパソコンに近づいてきました。もはやタブレットだけで仕事を行なっている方もいらっしゃいますよね。しかし、iPadも精密機械ですので、iPhone同様壊れることや経年劣化することもあります。しかーし!スマホヒーローはiPadの修理も行なっているんです!

iPadの修理はスマホヒーローにお任せを

先日もiPadの修理依頼をいただきました。症状としては、電源ボタンの反応が悪く、ボタンを押しても画面がつかなかったり、強く押さないといけなかったりするとのことでした。おそらく、電源ボタンのところで何らかの接触不良を引き起こしているのが原因だと考えられ、きちんと接続できるよう調整したり、部品の交換を行いました。まずは画面のガラス面を開け、次に液晶部分もネジを外し、開けます。しかし、ここで注意したいのが、iPadはガラスを開けるところが難しいんです。素人の方や、はたまたスマホ修理屋の方でも、画面を割ってしまうことがあるくらいです。もちろんスマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店では、そのようなことがないように慎重に行なっております。今回も無事に開けることができました。

そして、電源ボタンのところまで分解し、まずは部品を取り出します。電源ボタンに異常があれば、部品を交換いたしますし、何らかの影響で接触ができていなかったり、部品がずれていたりすることもありますので、確認いたします。今回は交換までは至らず、きちんとした配列や位置に調整し、ホコリなどのゴミも取り除き、綺麗に掃除しました。分解したものを元に戻すと、電源ボタンを押すと通常通りに画面がつきました。要した時間は約30分ほどで完了しました。新しくiPadを購入しようか迷われていたみたいですが、まさか治るとは思ってもいなかったようで、これからも大切に使って行っていただければと思います。

このようにスマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店ではiPhoneなどスマホの修理だけでなく、iPadのようなタブレットの修理も行なっています。豊中市や箕面市などの北摂地域にはあまり幅広く修理を行なっているところは多くはありませんので、タブレット類でお困りの方がいらっしぃましたら、まずはスマホヒーローにお問い合わせを!

スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店
営業時間:10:00〜20:00(年中無休)
TEL:090-8389-2010

ホームページ上のお問い合わせかもしくはお電話でのお問い合わせもお待ちしております!

関連記事

  1. iPhone6s

    画面が真っ暗…しかし実は映っている⁉︎

  2. 緊急事態宣言の延長を受けて

  3. ZenFone3maxのバッテリー交換

  4. iPhone7の画面交換を行いました

  5. アイフォン6 のガラス割れ修理を行いました

  6. Xperia XZ Premiumの画面割れもピカピカに