次世代移動通信5Gがまもなく普及⁉︎

こんにちは。早いもので開店から2週間位以上経ちました。スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店は年中無休で営業しております!

さて今回は、2020年の東京オリンピックまでに実現すると言われている5Gについて見ていきたいと思います。一昔前にはよくTVのCMで”LTE”とか”4G”という単語がよく流れていましたが、もうすでに5Gというより進化した通信システムが登場しつつあるんです。アメリカではもうすでに5Gのサービスが開始されているため、世界的にみても日本は大して早いわけではありません。

5Gってなに?

まず、Gというのは”Generation(世代)”の略で、5Gはモバイルネットワークの第5世代技術という意味です。一般的に第5世代移動通信システムと言われていますが、様々な呼び方をされています。現在日本では4Gまでが普及しており、文字通り、1Gから進化を遂げてきました。まず1Gではアナログ通信が可能となり、平野ノラがネタで使っているショルダーフォンなどが例です。1980年代から普及しましたが、かなり重量であり、電話だけできるようになりました。1993年に2Gが登場し、ネット通信やメールの接続が可能となりました。いわゆるデジタル化が実現しました。1999年には、ドコモからiモードというサービスが開始されました。これにより通信料が大幅に値下がりし、家庭にも携帯電話が普及しました。ここまで世界各国によって通信方式が異なっていましたが、3Gで国際規格化され、よりネット通信や通話品質がクリアになりました。そして2012年に今の4Gが登場し、空前のスマホブームとなりました。LTEという言葉も聞き馴染みがあると思いますが、4Gと同じようなもので、高速通信が可能となり、動画サービスなどが世に広まることになります。
そして、さらに進化した5Gがもう間も無く登場しようとしているんです。実は1年前倒しで、今年にラグビーW杯において、実験的な5G端末の利用が始まると言われています。

5GはIoTへの重要な一歩

特徴は超高速、低遅延、他接続が可能に

5Gの進化したポイントは、 『高速大容量』『低遅延』『多接続』と言われています。単純に通信が速くなるだけではないんです。通信速度だけで見ると、4Gでは50Mbps~1Gbpsであるのが、5Gになると1Gbps~10Gbpsと、スポーツカーから飛行機くらいの速さに変わります。そして、高速大容量というのが、大容量の映像配信やVRなどが現実化するようになります。今までではできなかったものが実現可能になるということです。5Gの1番のポイントとして、IoTに向けて重要な通信システムになります。IoTとは、Internet of Things(モノのインターネット)のことで、今までパソコンやサーバー、プリンターなどの機器にインターネットが接続されていましたが、それ以外の様々なモノにインターネットを接続するということです。Iotについては、次回に詳しく解説したいと思います。

低遅延は様々な分野で応用

後の低遅延というのは、1ms(ミリ秒)程度の遅延であり、現行4Gの10倍の制度を誇ります。これくらいの遅延であると、人間レベルでは認識することのできないレベルです。低遅延によって、遠隔でのインターネット接続が安全に行えるようになります。例えば車の自動運転や遠隔医療が挙げられます。自動運転において、リアルタイムで周りの車両の状況を確認していかないといけませんが、もし前の車両が急停車した際に、車を停める指示が遅かったらぶつかって事故を起こしてしまいます。そこで接続が速やかに行われれば、自動運転が実現しそうですよね。他にも遠隔での手術においても、ロボットを操作して手術する時代になりつつありますが、人間とロボットとの間にタイムラグが生じてしまうと、かなり危険ですよね。5Gによって、被災地での処置や地域医療と最先端医療をつなぐ架け橋ともなるんです。

他接続でさらにIoT化が進む

5Gでは、1平方キロメートルの範囲内で、100万台ものデバイスと接続が可能になります。身の回りのモノと接続するとなると、膨大な接続数になります。スマートメーターなどの導入が進むことになるでしょう。スマートメーターとは、通信機能をはじめとする高度な機能を持ち合わせた電力メーターのことです。現在、家庭に取り付けられた電力メーターに代わって、次世代のメーターといわれています。家庭やビルなどで消費された電力が遠隔で確認・管理することができ、検診の必要も無くなります。5Gが実現すると、このようにたくさん便利なものが実現し始めるんです。

スマホ事業も躍進を遂げるか

5Gの普及により、今では低迷化しているスマホ市場が活気を取り戻すかもしれません。前回書いたように、総務省も5Gの普及に向けて格安SIMなど、スマホの普及も進めています。スマホを持つ人がさらに増え、より便利な時代に突入しつつあります。NTTなどが5Gの活用に向けて開発を進めていますが、昔では考えられなかったサービスが出現することでしょう。もちろんスマホの修理業者も増えていくことになると思います。

スマホ修理も質で勝負

そんな生活する上で必需品となっているスマートフォンも故障する可能性があります。バッテリー交換を考慮すると、必ずスマホユーザーにとって関わりを持つことでしょう。その中でも、品質が良くないものを使用して、修理した後で不具合やトラブルが生じてしまうこともよく耳にします。値段だけで選んでしまうのもいいですが、余計に痛い目にあうことも… スマホヒーローでは高品質パーツのみを使用しており、万が一不具合が生じた場合にも初期保証がついております。あなたのスマホを守ります。スマホのことでお困りのことがあれば、まずはスマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店にお任せください!

スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店
営業時間:10:00~20:00
TEL:090-8389-2010

関連記事

  1. iPad 6のタッチパネル交換

  2. iPhoneのホームボタンがなくても修理可能

  3. galaxy ガラスコーティング

    スマホを守るためにはガラスコーティングが一番

  4. スマホやタブレットの液晶漏れも直ります

  5. パスコードロックも解除します

  6. HUAWEI Mate10 Liteの膨張したバッテリーも交換で改善