水没したらすぐにスマホヒーローへ

こんにちは。暑い日が続いていますね〜。すでに夏バテしそうですが、日々お客様のスマホを修理しております。機種としては、iPhoneが大半ですが、ありがたいことに毎日様々な機種のお問い合わせや、ご質問をいただいております。

スマホヒーローがオープンしてから約3ヶ月立ちましたが、iPhoneの修理依頼の中でも、画面割れの修理が一番多いですね。画面が割れたままiPhoneを使用している人がまだまだいるんでしょうね…ぜひ修理はスマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘にお任せください。

水没することも。その場合でもデータ復旧可能

冒頭では、画面割れの修理が多いと述べましたが、修理依頼は本当に様々であり、同じ画面割れでも多種多様といっても過言ではありません。同じiPhoneでも、一つ一つ個性のようなものがあり、修理していてもそういったことを感じさせてくれるのは面白いです。

今回は、珍しい水没修理の依頼をいただきました。珍しいといえども、水没する可能性があるのはどなたでも一緒です。不意に水気があるところに落下させてしまったり、知らない間に水がスマホの中に侵入してしまったりすることもあります。

iPhone6 水没

今回は気づいたら、水が入った容器にPhoneが落下していたみたいで、何度か電源を入れてみたが全く電源が入らず、スマホヒーローへ持っていく運びとなったそうです。動画を見ており、使用状態のまま長時間水に浸かっていたみたいです。

iPhoneの基盤を洗浄、乾燥させる

iPhone6 水没

iPhone6の中を見てみると至る所に水気があり、画面側はかなり濡れていました。正直、水没するまでの流れと状況を聞いた際、復旧することはかなり厳しいと伝えましたが、とりあえずはできるところまで修理してほしいとのことでしたので、まずは分解を行い、基盤を取り外します。

iPhone6 水没 基盤

基盤を取り出すのに、約15分から20分ほどを要しました。水没修理の肝は、時間であるといっても過言ではないため、すぐに作業をしていきます。

まずここで、なぜ水没すると機械が動かなくなるのかというのを簡単にご説明します。機械に水は禁物である、とういうことはなんとなくご存知ではあると思いますが、これは水により回路がショートするからなんです。水は電気を通します。そのため回路の一部が通電した際にショートすることで、機械が壊れるということなんです。あとは、不純物が付着しサビになるため、その部分では電気を導くことができなくなる、ということもあります。

そのため、水没した場合には、電源を入れたり充電を行うことは禁忌です。水没した際の対処法については以下の記事にもまとめておりますので、ぜひご参照ください。

水没修理を行いました

iPhoeの防水機能はどうなの?

そのため、精製水で洗浄をし乾燥していきます。十分に乾燥したら、通電するかを確認し、基盤の回路が生きていれば復旧可能ということになります。

水没の復旧率は90%

スマホヒーローでは水没修理を行った際の復旧率は90%を誇ります。これは回路がショートしていない場合です。復旧率は、水没した際の行動によって大きく左右します。焦って電源を入れがちですが、正しい知識があれば、大切なiPhoneやデータが戻ってきます。

水没修理にかかる費用は、6980円〜となっており、3時間以上はいただいております。ぜひ水没した際は実績十分のスマホヒーローにお任せください。

関連記事

  1. iPhone修理は実績多数!事例や難易度などは?

  2. スマホの悩みはいつ降りかかるかわかりません

  3. HUAWEI Mate10 Liteの膨張したバッテリーも交換で改善

  4. スリープ(電源)ボタンも壊れることがあります

  5. 画面が外れた原因はバッテリーにあった⁉︎千里のiPhone修理店

  6. GalaxyS6 edgeのバッテリー交換【豊中市からご来店】