水没したらすぐにスマホヒーローへ

皆さんこんにちは!スマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店です。寒かったり暖かかったりと不安定な天気が続き、体調を崩しやすいとは思いますので、くれぐれもお体にはご留意くださいませ。本日は水没してしまい、なんとか復旧してほしいとのことでご来店いただいたお客様がいらっしゃいました。

スマホの水没

水没した時の注意点

梅雨の時期や夏になると事例が多い水没ですが、1年中水没してしまう可能性はあります。現代では、お風呂にまでスマホを持ち込み、使用している方も多いみたいです。もちろん水蒸気で多少なりとも水気を含んでいますし、汗もかきます。また、トイレでも落とす方が意外と多いです。大きいサイズのスマホだと、ポケットからはみ出ており、何かしらの動作でそのまま中に落としてしまうケースを多々耳にします。トイレちゅにもスマホを使用しており、片手間になったタイミングで滑らして落下。。。ということもあるみたいです。珍しいケースとしては、ランニング中に胸ポケットにスマホを入れており、汗で水没したというお客様もいらっしゃいました。スマホも機械ですので、やはり水分は禁物です。なので水分の量が少なかろうが関係ないため、侵入経路によっては水没してしまいます。

もし、水没してしまった場合、お客様の取る行動で復旧率が大幅に変化します。こちらの記事もご参照ください。(水没修理を行いました)

  • まずは電源を切る
  • 不純物を多く含む液体(海水や洗濯機など)の中で水没した場合には、水道水で良いので洗う
  • 乾燥させてすぐにスマホ修理屋に持っていく

これらをやっていただくと復旧率が高くなると言われています。水道水で洗うのは、リスクもあるため必ずしも行う必要はありませんが、電源は必ず落とすようにしましょう。通電することでショートする可能性があり、ショートしてしまうと基盤がダメになってしまい、どうしようもなくなります。電源すらも落とせない状態でしたら、なるべく触らずすぐに持っていきましょう。アンドロイドの場合、バッテリーパックが手動で外せるものもあるので、なるべく外しておきましょう。SIMカードも同様に外せるものは外しておくことが大切です。乾燥させるにはドライヤーで乾かすのもあまりオススメいたしません。風によってさらに内部に水分が入りこんでしまい、腐食を進めることにもつながります。米びつに入れて乾燥するのはいいと思います。

水没修理

そしてスマホ修理屋にすぐさま持っていきます。水没してから日数が経過してしまうと、復旧率もグッと下がってしまいます。スマホヒーローでは、すぐさま持ってきていただいた場合の復旧率は9割を超えます。水没修理の流れとしては、まず全て分解して、基盤を取り外します。

 これが取り外した基盤になります。機種によって大きさや形が異なります。

この分解までに約2,30分を要し、基盤に侵食した不純物を取り除くために特殊な機械で洗浄、乾燥します。だいたい2時間ほどで終了しますが、ここまでの段階で基盤が正常に作動すれば、元通りにiPhoneを使用することができます。バッテリーや液晶など、他のパーツにも異常が見られれば別途他の修理をすることにはなります。

費用は成功、失敗を問わずに一律の料金となります。今回はiPhone5sでしたので、6,980円でした。もし他の修理店で断られた場合にも対応させていただきます。

最後に

スマホヒーローでは水没修理はどのスマホ、タブレットでも行なっております。どうしてもデータだけ取り出したいとのご要望にもお答えいたします。

水没修理で、復旧するかしないかの分かれ目は、『お客様の撮っていただく行動』と『修理までの時間』になります。水没してしまった…からと諦めずに、大切なスマホとデータを守りましょう。水没したら迅速にスマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店に足をお運びください!

関連記事

  1. iPhone修理速報

  2. iPhoneを使う機会が多い今こそバッテリーを新しく

  3. HUAWEI P20 liteのパネル交換

  4. iPhone4s 修理

    懐かしのiPhone 4sの修理を行いました

  5. 長年使っているiPad3も新品同様の電池のもちに変身

  6. Xperia XZ1の修理【アンドロイドも修理可能】