画面交換してみると意外なことが…

こんにちは。本日もスマホヒーローイオンタウン豊中緑丘店は営業しています。台風が近づいてはいましたが、大阪には直撃しなさそうですね。ですが雨や風も強いため、皆様ご安全に。

スマホヒーローは雨が降ろうが、強風が吹こうが年中無休で営業しております。スマホを落としてしまい、もし画面が割れたらすぐに修理できます。

iPhone7の画面を交換しましたが…

今回は、iPhone7の画面交換を行った際、奇妙なことが起きたので書こうと思います。奇妙というかいまだに謎に包まれています。

このように画面が割れており、操作はできるものの危険な状態のiPhone7を修理しました。ご自宅から一番近いスマホ修理屋が当店だったということで、箕面市からお越しいただきました。

iPhone7の白色の画面交換を行ったのですが、修理の説明や同意書を記入してもらう際に、『バイブレーションがなんだかおかしい気がします。』とおっしゃったので、ネジが緩んでいるのかはたまた故障しているのかな、と推測はしていましたが、実際に画面を開け、バイブレーションの機能を持つ”Taptic Engine”を見てみると。。。

写真でご説明すると、バッテリーの下方にある”Taptic Engine”と書いてある黒のパーツがバイブレーションを引き起こすものになります。つまりここが振動していることになります。

この写真は、パネルを開けた直後に撮ったもので、内部は一切触っていません。よくみると、Taptic Engineと本体を留めているネジがなく、グラグラ動く状態だったのです。お客様に、どこか他のお店で修理をしたことはあるのか尋ねたところ、ありませんという回答でした。ということは元からネジが留められていなかったということになりますよね。ですが、Appleで本体を交換したことはあるということでしたので、その際渡されたiPhone7がまさかのこういう状態だったのでしょう。。。

しかも、Taptic Engineのパーツも少し異なっており、ネジを留める穴がなかったのです。これは不思議でしょうがありません。笑

とりあえず、ネジを留められるところは代わりにネジを留め、今後ぐらつかないように調整させていただきました。そりゃネジなかったらバイブもおかしいわといったところで、お客様に説明した際には大変驚かれていました。iPhoneも機械にはなりますので、こういったこともあるのでしょうか。

そんなわけで無事に画面も交換でき、バイブレーションも違和感なく作動するようになりました。稀に、iPhoneを落とした際の衝撃で、ネジが外れていたり、どこかが変形していたりすることはありますが、元からネジがないというのは初めてでした。

とりあえず直せてよかったです!

スマホヒーローでは、画面の交換やバッテリー交換など、どのような修理をするにあたっても、綺麗に清掃できるところは掃除させてもらっています。せっかく開閉して中を見ることができるため、一石二鳥です。定期的なメンテナンスが、iPhoneや他のスマホを長持ちするための一番のコツです。スマホやパソコンで気になる所があれば、ぜひお問い合わせください。

関連記事

  1. iPod Touch7のパネル交換【箕面市から御来店】

  2. スマホのガラスコーティングで快適に

  3. 次世代移動通信5Gがまもなく普及⁉︎

  4. スマホ修理だけではない⁉︎本日もガラスコーティング希望の方が続々とご来店

  5. iPhone6 ホームボタン交換

    iPhone6のホームボタン交換〔千里中央のiPhone修理店〕

  6. XperiaZ5のドックコネクター交換