通話、電話ができない時の原因と解決策

iPhone6 近接センサー

スマホの不具合

携帯、スマホを使用している中で、一番困るのは何でしょうか。一番と言われれば、壊れて電源すら入らないことでしょうか。電源が入らなければ、どう頑張っても何もできないので、携帯の意味がないですよね。あとは、電源が入っている状態で困るのは、データ通信ができないことが挙げられますよね。iPhone7の一部の端末で見られる圏外病など、通信ができなければこれまた使いようがありません。WiFiがあれば通信はできますが、通話はできません。通話ができない、というのも不便をかけますよね。特に仕事で通話をよくする場合だとかなりバツが悪いかと思います。しかし、iPhoneや他のスマホも、通話ができなくなる可能性は0ではありません。では、通話ができない場合、どうすれば良いのでしょうか。

通話ができない原因とは?

一概に通話ができないとはいっても、二つのパターンに分かれます。通話自体をかける行為ができない場合と、通話ができている状態ではありますが声が伝わらないもしくは相手の声が聞こえない場合です。

まず、通話という行為自体ができないということは、通信状態に問題があると考えられます。例えば、相手からこちらに電話をかけてきた時に、『電波の届かないところにいるか、電源が入っていないか』という風な文言を一度は聞いたことがあるのではないのでしょうか。つまり、こちらの携帯が通信状態でないということになります。こちらからかけようとしても繋がらない場合にも同様のことが言えます。ですが、この場合には、画面上に圏外もしくは検索中、SIMなしといった表記がされているので、すぐにわかるかと思います。

また、相手から電話がかかってきた際に、出ようと思ってもスクロールできないといった症状の方もいらっしゃいました。この場合には、タッチパネルに問題があるか、アップデートをすることで解決することが多いです。アップデートの状態を確認し、もし最新版ではなければ、アップデートする必要があります。ソフトウェアが最新版であれば、強制再起動を行ったり、それでも直らない場合にはリセットするといった方法を取るのがいいかと思います。

ではこのように通話自体はできている場合に、声が聞こえなかったり、声が届かない際には何が考えられるでしょうか。

iPhone 通話

スピーカー、マイクが原因のことも

まず、相手の声が聞こえない場合、耳を当てるスピーカーの部分が故障しているかもしれません。イヤースピーカーというパーツがこちらに使用しているのですが、このパーツが故障しているかもしれません。もしくは、近接センサーというパーツも存在するのですが、こちらのパーツがダメになっているケースも考えられます。例えば水没をしてしまい、ここのパーツに不具合が生じたり、衝撃が加わったりすることで故障することがあります。ここのパーツを交換してみて、改善されれば交換いたします。作業時間自体は10分程度と割とすぐに修理できます。

次に、こちら側の声が相手側に届かない場合。この場合には、声を拾ってくれる集音マイクや、マイクに接続しているドックコネクターが原因かもしれません。ドックコネクターは前回の記事で書いたように、充電の差し込むところですが、他にも様々な役割を担っています。大抵は、ドックコネクターが原因のことの方が多いです。こちらもパーツを交換することで改善されることが多いです。

充電の反応が悪い時はドックコネクターの交換で改善

スマホヒーローでは、まず原因を突き止めます。先ほど書いたように、アップデートや強制再起動といった修理ではない方法で改善される可能性も十分にあります。それらを確認する前に修理を行い、結果として直ったとしても無駄な修理代と時間がかかってしまいますので、最善の手段をご提案させていただきます。故障にはいくつもの原因が考えられ、全く同じ壊れ方をするものではありません。

iPhone6 近接センサー交換

ご依頼いただいた今回のケースでは、水没をしてしまい、すぐに電源を切ってしばらく乾燥させていたみたいですが、しばらくたって電源を入れてみると通話時に相手の声が聞こえなくなっていたとのことです。水没後のことですので、近接センサーかイヤースピーカーに問題があると考えられます。ですが水没後ですので、現時点でiPhoneが使用できていたとしても、突然ショートすることで壊れてしまう可能性もあります。そのため、水没の修理を行ってから、各パーツを交換いたしました。今回は近接センサーのみの交換で直す事が出来ました。

上の画像は、iPhone6を分解し、近接センサーを交換した時のものです。フロントパネル側に近接センサーが取り付けられており、そのパーツのみを交換しました。

Xperiaなどアンドロイドも修理可能

Xperiaなどのアンドロイドでも、同じような症状に悩まされる場合もあります。こちらもシステム上の問題(ソフトウェア、電話アプリなど)が原因であることや、イヤースピーカーに不具合が生じていることなどが原因として考えられます。こちらも一つ一つ精査していくことで原因を突き止め、修理を行っていきます。

また、iPhoneでもアンドロイドでも、スピーカーにした場合には音が他のパーツから発声されるため、近接センサーやイヤースピーカーが原因で声が聞こえない場合でも相手の声は聞こえます。反対にスピーカーの時だけ音が聞こえない場合には、他のパーツの修理が必要となります。

関連記事

  1. iPhone6sの画面交換の修理を行いました

  2. Zenfone3Ultraのバッテリー交換が人気

  3. アイフォン修理はスマホヒーローへお任せください

  4. 風呂の中に落としたHUAWEI P10Liteが復活

  5. iPhone ガラスコーティング

    千里中央など豊中や箕面でスマホのガラスコーティングを

  6. 水に濡れたHUAWEI P10も完璧にお直し