隙間が開いたらバッテリー膨張を疑え!豊中市にあるiphone修理店

iPhoneⅩ バッテリー交換

こんにちは!もうそろそろ夏の終わりでしょうか、気温もそこまで高くはなく比較的過ごしやすい日々が続いております。店長は1番夏が嫌いであるため、少しほっとしています。とはいえ季節の変わり目になりますので、体調を崩しやすかったり、ホルモンバランスが崩れやすくなるため、皆様も睡眠と栄養をしっかりとって、お気をつけてお過ごしください。

本題に入りますが、サムネイルの写真のようにiPhoneの画面に隙間ができたことでご来店される方がかなり多いです。よくこちらのブログでも書いてきましたが、隙間が開くということは大抵の場合バッテリーが膨張していることが原因です。バッテリーの膨張といってもどれくらい膨張することでこんなにも隙間ができるのでしょうか。

バッテリーの膨張の原因は?

リチウムバッテリーは充電と放電を繰り返すたびに、中の電解質(イオン)が循環します。その副産物としてガスが溜まっていき、内部に貯留することでバッテリー自体が膨らみます。化学反応によって電力を生成するのですが、バッテリーが消耗し劣化していくことでその化学反応が不完全になります。内部のセパレーターがうまく作動しなかったり分離しないことで膨張を引き起こすそうです。

膨張している=バッテリーの劣化

つまりはバッテリーが劣化することにより、正常な化学反応が引き起こらなくなったり、電解質が酸化するためガスが溜まりやすくなります。

バッテリーには中袋と外袋があり、二つに分かれています。中袋にはバッテリーとして作動するための電極や電解質が入っています。外袋とは製品表示や保護する機能があり、基本的にはバッテリーの機能というよりは内部のガスや成分を外に放出させないためのものです。リチウムバッテリーはこのようにコーティングされているため、通常であればガスが外に出てくることはありません。なので限界までパンパンに膨らみます。

ですが外部からの損傷や限界を放置し続けることでそのコーティング部分に穴が開くと、発火や爆発を引き起こす可能性があります。もしバッテリーが膨張していることに気づいたならば、すぐに交換を行うといいでしょう。

バッテリーの劣化を調べる方法というのはざっくり数字でしか見ることができません。基本的にはユーザーの感覚によるものでもあります。大体の目安として、2年以上同じバッテリーを使用している場合や、充電を500回以上している場合にはバッテリーを交換するタイミングであると言われています。しかし先ほども述べたように実際に使っている方の感覚が一番わかりやすいと思いますので、最近充電のもちが悪くなってきたと感じたり、熱が発生しやすくなったりする場合には、バッテリーを交換してみるのがいいでしょう。

突然電源が落ちる(ブラックアウト)ことが頻発したり、気づいたら充電残量が100%から30%になっていたということであれば、かなりバッテリーが劣化していると思います。少しでも長く使い続けたいと望むのであれば、定期的なバッテリー交換は必須になります。

iPhoneⅩのバッテリー交換

iPhoneⅩ バッテリー交換

今回はiPhoneⅩのバッテリー交換を行いました。少し横からみるだけでも、隙間が結構開いているのが一目瞭然で分かりますね。内部が見えていますので、水やほこりも入りやすくなっていますし、画面に影響を及ぼす危険性があります。

iPhoneは 簡単にタッチパネルが本体から外れる事はありません。ネジと粘着テープで止められているためよっぽど力が加わらない限りこのように隙間ができる事は考えられません。つまりはバッテリーがかなり膨らみ、内部から押し上げているだのというのが分かります。

iPhoneⅩ バッテリー交換

正常なバッテリーと比べるとかなり膨らんでいました。iPhoneXは上下2つの構造に分かれていますが、その両方ともにガスが溜まっておりパンパンに膨らんでいました。幸い液晶には何も異常が見られず、バッテリーの交換だけで今回は行けましたが、 液晶が押し上げられることにより線が入ったりタッチ操作ができなくなったりすることもありますので、もしバッテリーの膨張に気づいたらすぐに交換をしましょう。

iPhoneⅩ バッテリー交換

iPhoneのバッテリー交換はどの機種でも大体10分から15分ほどで行っております。基本的には在庫もありますので即日修理が可能です。もちろんデータは全て残ったままバッテリー交換を行います。

バッテリー交換を行うと驚くほどバッテリーの持ちが良くなります。もちろんスマホ本体の能力にも依存しますが、本体に問題がなければ新品同様の充電のもちを感じることができます。 新しく交換したバッテリーも交換目安はもともとのバッテリーと同じ約2年となっていますので、さらに使い続けたい場合にはまた2年後にバッテリー交換をすることも可能です。約10年同じスマホを使っている方もいらっしゃいます。

少しでもスマホに隙間ができていると気づいたならば、それは9割9分バッテリーの膨張が考えられます。その際には無理矢理押し込んだり止めようとせずそのままの状態でスマホヒーローまでお持ちください。電源を切った方が良いのですが、バッテリー自体に衝撃を加えて損傷しないように気をつければ、数日くらいであれば大丈夫かと思います。(もちろん絶対ではないため、できれば使用も充電もしない方がいいです)

来週にはiPhone13?の発表もあるみたいです。スマホは性能が上がっていますが、その分効果になっているのも事実です。機種変更するのが億劫だと感じる方には、バッテリー交換で様子を見るのがいいかもしれませんね。スマホの悩みはスマホヒーローまで!

関連記事

  1. 使えなくなったタブレットZenPad 8.0の画面交換修理

  2. Nintendo Switchの液晶をお直し

  3. iPadmini4 液晶修理 豊中

    iPad mini4の液晶修理!アイパッドも買い直すより修理がベスト

  4. GalaxyS6 edgeのバッテリー交換【豊中市からご来店】

  5. 新型iPadが発表!スマホヒーローはiPadも修理可能

  6. 千里中央でZenfone 3 ultraの電池交換といえば!