5Gになったらどうなるのか?iPhone12について解説【豊中スマホ教室】

みなさん、こんにちは。スマホヒーローイオンタウン豊中緑丘店のイマキタです。今回の記事は、修理についてではなく、皆様がまだ理解し切れていない5Gについて簡単に書いていきたいと思います。スマホヒーローはスマホ修理だけでなく、日頃疑問に思っていることや、スマホのお悩みについても解決しておりますので、今後もスマホについて困ったことやわからない事があればお気軽にご相談ください♪

まず、”5G”とはなんぞやという所から解説していきます。最近CMや広告でもやたら5G、5Gと謳っていますよね。皆様の頭の中では、なんか通信がまた早くなるんじゃないか、とかスマホもさらに進化するんだろうな、という程度で理解されていると思います。

確かにその通りではあります。しかし5Gについてテレビや広告でも具体的にどうなるのかは一切触れられていない事が多いです。この記事を読んでどのように進化するのか、何ができるようになるのか、少しでも理解を深めていただければ幸いです。

果たして今5G対応のスマホを買うべきなのかも、これを見るとわかるかもしれません。

5G(Generation)は新しいスマホの時代に⁉︎

まず5Gというのは5th Generationの略で、通信の第5世代のことを指します。お笑い芸人も〜世代と言われていますが、同じような意味ですね。そうかな?笑

つまりは通信技術の向上により、現在第5世代まで進歩したという事です。まず第1世代の1Gは、1980年代に登場しました、アナログの携帯電話のことになります。その当時では電話がどこでもできるようになるという事で大変注目を集めました。ただ最初の頃は電話自体がかなり大きく、ショルダーバックのような大きさで持ち運ぶのも大変だったようです。ここから固定電話から持ち運びできる携帯電話というものが始まりました。

2Gは、デジタル化され、インターネットにも接続できるようになりました。メールを送れるようになったのです。ただ1Gと2Gはもうサービスが終了しています。3Gもほとんど終了しています。

3Gは通信速度がかなり高速になり、携帯電話などのモバイル機器からでもインターネットを使えるようになりました。昔にガラケーでも携帯小説やブログとかを見ていたのを懐かしく思います。ガラケーは基本的に3Gであり、今販売されているガラケーは4Gになります。

この4Gが今みなさんがお使いのスマホになります。2010年代から利用が開始され、スマートフォンを使って様々なアプリやSNSなどができるようになりました。LTEも同じような感じです。

そして2020年代から本格的に5Gが開始されました。この5Gというのは今後みなさんの生活において多大な影響を与えるとされています。今年に入ってからAQUOSやXperiaなどといったアンドロイドのスマホメーカーから5G対応の機種が販売されました。これは日本だけでなく、世界中でも運用が開始されています。アメリカや中国ではより活発に利用されています。

5Gによるメリット、デメリット

この5Gというには大きく3つのメリットがあります。それは

  • 低遅延
  • 超高速通信
  • 大容量、多接続

になります。通信の遅延が最小限になり、よりたくさんの情報を速く届ける事ができ、たくさんの機器と接続ができるようになるという事です。なんとなく意味はわかるかとは思いますが、具体的に例をあげていきましょう。

低遅延になる事によって、遠隔操作が可能になります。特に注目を浴びているのは遠隔手術です。人間が動かしたい動作がリアルタイムで同時に動く事ができれば、実際に人間が手術をしているのと同じになります。ここで遅延が起きてしまうと、繊細な動きに誤差が出てしまうため、重大な事故を引き起こすかもしれません。信頼性といった面で大きなメリットがあります。災害時などどうしてもその場にいけないという場合に重宝される事でしょう。

二つ目の超高速というのは、文字通り通信速度がさらに速くなります。今まで重いデータを送受信するのに、何分もかかっていたのが数秒でできるようになります。これはiPhone12が発売された直後のレビューにも書いてありましたが、実際に4Gと5Gで試した所、差を感じる事ができたようです。まだ5Gは安定していないため、今後さらに速くなると思われます。

そして最後の大容量、多接続というのは、今まで容量よりはるか大きな容量を扱えるようになるため、一度の通信で大量の情報を通信する事ができます。結果的には通信コストも下がると言われています。多接続が可能になることにより、一つのデバイスから何十個、何百個の機器に接続できるようになり、IoT化が進ことになります。

このIoTというのはInternet of Things(モノのインターネット)の略で、家電や身の回りのものとインターネット接続をする事ができるという事です。つまりはiPhone1台で、家の中にあるものと接続できるため、自動でお風呂を沸かしたり、朝目覚めると同時にカーテンが開いたり、帰ってきたら冷暖房がついたりと、まさに近未来的な事が起こり得ます。IoT機器がさらに普及されると思いますので、今後さらに期待ですね。

あと最も注目?されている例を挙げると、車の自動運転です。これも遅延が生じてしまうわけにはいきませんよね。運転中には何が起こるかわかりませんが、不測の事態でも対応できるようになる、ということになります。

このように昔思っていた、このような事ができればいいなという事がもう目前に達成されようとしているのです。ターミネータのような世界ですね。

しかしメリットだけではありません。もちろんデメリットというのも存在します。それはサーバー攻撃を受けやすくなったり、セキリュティの問題です。一度にたくさんの機器と接続されているため、もし一つの聞きに異常が生じると、全ての機器の影響が出ます。的が大きい分、狙いやすいというのもありますね。便利になるという事イコールセキリティの不安も必ず生じます。

あとは設置コストがかかるという事です。これは我々にはそこまで関係ないかもしれませんが、キャリアなどは設置するのに大変だと思います。スマホの値段も年々上がってきていますし、IoT機器も費用がかかることでしょう。

今5Gスマホに乗り換えるべきなのか

そして最後に、一番気になっているであろう、5Gスマホを買うべきなのかについて解説していきます。これは賛否両論があると思いますが、個人的にはNOです。

その理由として、5Gが使えるところは、日本国内でもわずかしかないのが現状だからです。5Gの通信ができる場所というのは2020年現在で、大阪で見てもほんのわずかなスポットでしか利用できないんです。実は5G通信ができるようになるためになるには2023年〜2025年とも言われています。つまりは5Gスマホを購入しても、使える場面がそうそうないという事です。

さらにいうと、5Gには二種類の周波数が存在します。”sub6″と”ミリ波”です。今までの4Gというのは、周波数が3.6GHZ未満になります。周波数が高ければ高いほど、通信速度も増加し、容量も大きくなるのですが、sub6が3.6GHz〜6GHz、ミリ波が30〜300GHzになります。

sub6の場合、4Gに比べると速くはなりますが、めちゃくちゃ変わるのかというとそこまで体感できないかもしれません。もちろん障害物の影響を受けにくいため良くははなるのですが、ミリ波と比較すると雲泥の差です。このミリ波というのが、先ほど説明した3つのメリットの全てを体現する事ができます。

では今回発売されたiPhone12は5g対応ですが、どこまで対応しているのでしょうか。これは実は、日本で発売されているiPhone12は全てsub6までしか対応していないんです。アメリカで発売されているiPhone12はすでにミリ波にも対応しているそうですが、日本の場合ミリ波の設置が進んでいないため、あまり恩恵を受ける事がありません。先ほども来たように速くても2023年以降になりますので、今買うべきかと言われると…ということになります。

ただ急速に進歩していくので一概には言えませんが、今後期待が高まりますね。一度5Gが使えるスポットを調べてみるのも面白いですよ〜。

今回は簡単に5Gについてまとめましたが、通信はとても複雑なので、興味がある方はぜひ調べてみてください。ご一読ありがとうございました。

関連記事

  1. 水没したらすぐにスマホヒーローへ

  2. iPhoneの肝であるカメラを修理

  3. iPhoneⅩS maxの液晶修理

  4. 持ち込まれたスマホの保護フィルムも無料で貼ります

  5. iPhone バッテリー

    スマホヒーローでは高品質パーツを使用【豊中のiPhone修理専門店】

  6. iPhoneの画面が割れたまま放置するのは危険‼︎