Apple IDとパスワードを忘れた場合どうなる?iPhoneの基礎知識

こんにちは。今日も気温が30度近くあり、大変暑いです。これからもっと暑くなるのかと考えるだけで嫌になります…夏が好きだ!と言う方もいらっしゃいますが、私は個人的に一番嫌いな時期です。笑

今回はいつものような修理についての記事ではなく、少し役に立つようなコラムを描いていきたいと思います。だいぶ昔に同じような記事を書いたことはありますが、今回は少し細かく説明していきたいと思います。

何について書いていくかと言いますと、、、Apple ID(アップルアイディー)についてです。iPhoneを使用している方しかあまり役立たないかもしれませんが、逆に言うとiPhoneを使っている方からするとかなり大事なことですので、今一度確認してみてはいかがでしょうか。

実は最近Apple IDについてのご相談が多数寄せられており、 Apple IDについて理解をされている方は意外と少ないんだなと感じました。またApple IDの悩み事は、 iPhoneを使用するにあたってかなり大事になってきます。 これは昔の機種だろうが最新の機種であろうが同じことです。 そもそもApple IDは何のためにあるのか、またいつ誰が設定したのかも全くわかっていないユーザさんも多いことでしょう。ですので今回簡潔にまとめていきたいと思います。

Apple IDとは?何のために必要なのか?

Apple IDとは何なのかを説明していきたいと思います。いつどのタイミングで必要になるのかこれを見て理解を深めていきましょう。

Apple IDとはiPhoneを使用するにあたって、アプリを取ったり、iCloudを使用したりする際に必要となるアドレスになります。 つまりはLINEやSNS、ゲームなどどのアプリを取る時には必ずApple IDを使用してインストールしています。 基本的には無料で使えるアプリを使用しているとは思いますが、中には課金しないと使えないアプリもあります。そういったものに対してカード情報等が含まれているのがapple IDになります。 つまりはパスポートのようなものです。

もちろんカード情報を登録してないユーザーもいらっしゃいます。 コンビニでiTunesカードを購入しそれを使用してアプリを獲得したりゲーム内のアイテムを課金したりすることができますが、 その際にもApple IDと言うものは必ず使用されています。

しかしいつもアプリをインストールする際にApple IDとそのパスワードを入力した覚えがないと言う方も多いと思います。そういった方は指紋認証や顔認証機能を利用しているためだと重あれます。生体認証を登録していれば、わざわざ毎度パスワードを入力する必要がありません。一度パスワードを入力済すればそれからは基本的に生体認証でアプリをインストールすることが可能になります。

Apple IDは他にもiCloudでデータをバックアップ、復元する際に必要になります。Apple IDとパスワードがあればiCloudの中にバックアップを取ることもでき、また機種変更した際には iCloud内のデータを移行させることが可能です。

つまりはApple IDとパスワードは、 本を使用するにあたって重要なカギであるといえます。ですのでApple IDとパスワードがなければ何もできないと言っても過言ではありません(元からインストールしてある場合、例えばLINEなどは使用できる)。

とりあえずApple IDとそのパスワードと言うものは重要なんだなぁと言うのはご理解いただけたのではないでしょうか。今まで使えてるから大丈夫とは思わず、この機会に一度確認してみましょう。

Apple IDを設定するタイミング

Apple IDとパスワードはいつ設定したのか、疑問に思われるかもしれません。 そんなもの初めて聞いたぞと言うユーザの方もいらっしゃると思いますが、実はご自身で必ず設定しているはずです。もしくはご家族や信頼できる友人の方に設定してもらっているはずです。 ですが重要なものですので基本的にはご自身でApple IDとパスワードを考え、入力をしていると思います。

ではいつ設定しているのでしょうか。それは新しくスマホを購入した際や機種変更したときに、 購入した携帯ショップで必ず設定しています。 それもショップ店員の方が一緒に説明をしながら設定をしていることがほとんどです。ご自身で携帯ショップを介さずiPhoneを 購入した際には自分で設定をしなければなりませんが、基本的に携帯ショップでiPhoneを購入した際には、一緒にApple IDの設定をしてくれます。

ただしApple IDとパスワードは、ショップ店員さんには見せることができないため、どのようなアドレスにするかはご自身で決めなければなりません。ですが設定した後には、きちんと契約書類にメモをするようにとその場で記入までしていると思います。

Apple IDと言うのはいわばメールアドレスです。 キャリアメールで使用しているメースアドレスとは別の場合もあれば、同じであることもあります。多いのがドメインが@icloud.comのものです。もちろんメールアドレスとしての機能も持っています。

それに付随してパスワードも設定をしなければいけません。 大抵の場合はApple IDはわかるけれどもパスワードがわからなくなったと言う方が多いです。Apple IDのパスワードを設定するにあたってのルールは、8文字以上32文字以内であり、英語の大文字と小文字、数字を必ず入れなければなりません。 この大文字というのが時に引っかかることになるんです。 大文字でパスワードを設定したことがないと言い張る方もいますが、必ず入っています。

AppleIDもしくはパスワードを忘れた場合の解決法

AppleIDはいわばiPhoneを使用するにあたっての一番の鍵であることはご理解いただけたと思います。 一部のユーザーの方からしてみるともしかしたらApple IDがわからなくてもさほど影響は無いかもしれませんが、今後のことも考え必ず 記憶するなりメモを残すなりしておくと良いでしょう。

例えばiPhoneを初期化する際にも、AppleIDとパスワードの入力を求められます。 これはアクティベーションロックを解除しなければならないからです。アクティベーションロックとは盗難した際の予防策として、他人が容易にiPhoneを使用できなくするためのロックのことを指します。 ですのでiPhoneを買い取り業者に売る際や処分する時には、iPhoneを初期化するためにiPhoneを探すをオフにするなどしてアクティベーションロックを解除する必要があります。

ただりんごループによりどうしても初期化しないければそのiPhoneが使えなくなるといった状況は誰にでも陥る可能性があります。初期化したくなくてもすることしか解決策がない場合には、初期化した後にアクティベーションロックを解除できないと、ホーム画面を開くことができません。当店でも多いのが、このリンゴループによる初期化です。ハードの故障でない限り初期化以外で直すことは難しいです。初期化するにあたってApple IDの説明をしても、覚えていないと言う方が結構多いんです。

ではもしどうしてもわからない場合はどうすれば良いのでしょうか。もちろんAppleに直接聞くと、本人確認が取れれば教えてくれるとは思いますが、なかなか電話もつながりにくく、時間も相当かかることでしょう。ですのでご自身で調べる方法について書いていきます。

AppleID側がわからない場合には、iPhoneが使用できるのであれば設定画面から簡単にみることができます。 設定を開き一番上にあるユーザーの名前が書かれたところをクリックすると、そのiPhoneのApple IDが全て記載されています。メールアドレスが書いてあると思いますが、それになります。

もしiPhoneをホーム画面まで開くことができない状態であれば、Apple IDのホームページから調べることができます。パソコンでも他のスマホでも結構ですので、ネットからAppleIDアカウントの管理ページを開きます。AppleIDと検索してもすぐに出ると思います。これはAppleが作成しているホームページですので、セキュリティも安全です。似たようなサイトやアップル以外のページもあるかもしれませんが、詐欺行為にあうかもしれませんので注意してください。

AppleIDの管理画面に、AppleIDまたはパスワードをお忘れですか?という項目がありますのでそこを開きます。AppleIDを忘れた場合とパスワードを忘れた場合にはこちらも利用できます。AppleIDを調べるには、名前とメールアドレスを入力する必要があります。この時メールアドレスは基本的にはキャリアメールだとは思いますが、ここでAppleIDをメールアドレスに設定しているとなればわからなくなってしまいます。Appleに聞くことになるでしょう。

パスワードがわからない場合には、少し注意が必要です。実はパスワードを確認する方法と言うのはないんです。AppleIDのみ確認はできますが、パスワードがわからなくなってしまったら基本的にはパスワードそのものを変更するしかないんです。。 セキュリティー上そういう仕様になっているんだと思います。

パスワードの変更するには、2段階認証、通称2ファクタ認証をしているかどうかでパスワードの変更方法が異なります。大体の方は2段階認証になっているとは思いますが、不正アクセスを防ぐために、2段階認証は必ずしておくことをお勧めします。2段機認証をしている場合には、先程のAppleIDを設定から確認したページと同じところに、パスワードとセキュリティという項目があるため、そこをクリックします。するとパスワードをリセットという項目があるため、そこからパスワードをリセットすることができます。

2段階認証を設定していない方は、AppleIDの確認をする際に説明したAppleIDの管理ページからパスワードをリセットする必要があります。秘密の質問というこれもAppleIDを設定する際に必ず答えている質問を聞かれますので、それを答えさえすればリセットすることが可能になります。

以下に簡単にまとめておきます。

  • AppleIDわからない場合→SafariなどでAppleIDの復旧ページを検索。名前と考えられるアドレスを入力し、当てはまればそれがAppleID。
  • AppleIDのパスワードがわからない場合→①2段階認証(2ファクタ認証)していない→AppleIDアカウントの管理ページを開き、Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?をクリック。パスワードをリセットするためにメールで受け取るかセキュリティ質問に答える。②2段階認証(2ファクタ認証)している→設定を開き一番上にある自分の名前が書かれているところをクリック。その中にあるパスワードとセキュリティをクリックし、端末でAppleIDのパスワードを変更する。

文字で見るとややこしく感じますが、意外と簡単に誰でもできますので、ぜひ一度確認してみてはいかがでしょうか。今回のブログで、AppleIDの重要性を感じていただければ幸いです。直接お店の方で質問していただいても構いませんので、iPhoneをうまく使いこなせるようにお手伝いしていければと思います。

関連記事

  1. Zenfone3 Laserのバッテリー交換

  2. 豊中、箕面No. 1!Switch(ニンテンドースウィッチ)の修理が急増中

  3. iPadmini4 液晶修理 豊中

    iPad mini4の液晶修理!アイパッドも買い直すより修理がベスト

  4. iPhone11Pro ドック修理 豊中

    充電器が折れてしまい充電不可なiPhone11Proのドック修理

  5. iPad Pro ガラスコーティング

    高価なiPad Proもガラスコーティングで長く綺麗にお使いいただけます

  6. スウィッチ修理 豊中

    スウィッチのイヤホンジャックが故障⁉︎交換で聞こえるように