GalaxyS10のカメラ&レンズ交換【アンドロイド修理】

GalaxyS10修理 豊中

今回の記事では、Galaxy(ギャラクシー)のカメラ修理について書いていきたいと思います。ギャラクシーの修理も画面交換やバッテリー交換だけでなく、多岐にわたって行なっておりますので、ぜひ参考までにご覧ください。

いや〜それにしても気温が高くなってきましたね。日中は日差しが出ているとかなり暑くなるため、外に停めている車の中も地獄のように暑いです。皆様も熱中症や脱水症状にはお気をつけください。

豊中市からお越しいただきました、GalaxyS10のカメラ修理です。カメラ修理といっても今回はカメラの交換だけでなく、カメラを保護する役割を持つカメラレンズの交換も行わさせていただきました。

GalaxyS10修理 豊中このようにレンズが割れており、内部のカメラが見えてしまっている状態でした。

お客様から話を聞いたところによると、以前にもこのGalaxyS10のカメラレンズが割れたことがありレンズ交換を行ったことがあると言うことでした。ただ今回も落としてしまい、再度レンズにヒビが入ってしまったようです。バックカメラはどのスマホも飛び出ているため、落とした際には一番危険な場所かもしれません。レンズは粘着テープで止められているため、外して交換していきます。

しかし今回はこれだけではなかったようです。カメラレンズのヒビだけならまだしも、カメラにも支障が出ており、バックカメラで撮影する際にピントが合わなかったりブレが生じてしまうようになってしまいました。カメラレンズ交換時によく見られることですが、衝撃のあまり内部まで損傷が及んでしまうことがあります。

GalaxyS10を分解し、カメラを取り出す

と言うわけで今回はGalaxyS10のカメラレンズとカメラの同時交換を行いました。カメラレンズだけの交換の場合には、分解することなく外側から新しいものを装着することが出来ます。

GalaxyS10修理 豊中

カメラは基板に接続されているため、分解する必要があります。いつものようにバックパネルを外します。指紋認証ケーブルが接続されているため断線しないよう注意します。

カメラレンズに穴が開いてしまうと、内部にまでホコリやゴミが入り込んでしまう恐れがあります。もちろん水が侵入する経路にもなり得ます。ですのでカメラレンズが割れているスマホを分解すると、大抵の場合カメラの周りや基板までにも髪の毛が入っていたり、ホコリが溜まっていたりします。水没してしまっているケースもあるため、いち早く修理するのがベストです!

GalaxyS10修理 豊中

このように基板を取り外すと、カメラも一緒についてきます。つまりカメラのコネクターは基板の裏側に接続されているというわけです。直接基板を触り、取り外すため慎重な作業が必要になります。こう見るとバッテリー以外の部品のほとんどが基板と接続された状態で取り出されていますね。

ガラスコーティングで割れ予防も

GalaxyS10修理 豊中

カメラを交換した後、レンズの方も新しく張り替えました。ご覧のように新品のような見た目に変わりました。ガラスコーティングをカメラレンズ部分のみサービスで施行させていただきました。ガラスコーティングは画面だけでなく、このようにピンポイントの施行も可能です。

スマホヒーローのガラスコーティングは、張り替えたレンズの上に目に見えないほど薄いガラスを3層塗り込みます。1層の薄さはなんと約300〜800nm!想像もできない薄さですよね。これほど薄いコーティングであるため、操作において邪魔に感じることは一切ありません。しっかりと衝撃からも守ってくれます。スマホのガラスコーティングは3,300円から行なっております。

スマホを落とした時の衝撃は、かなり強大なものであり、目に見えない部分まで支障をきたすことがあります。スマホを落とさないようにするということが1番の解決ではありますが、もし不具合や故障した場合には、スマホヒーローがお助けいたします。いつでもお問い合わせお待ちしております。

関連記事

  1. Xperia XZシリーズのガラス、バッテリー交換もデータそのままで

  2. 危険!iPhoneのバッテリー膨張の恐怖

  3. iPad Proの液晶画面交換

  4. 水没したスマホも復旧させます【豊中、箕面のスマホ修理屋】

  5. 眠っていたiPadをバッテリー交換で復活

  6. iPhone7 液晶漏れ

    iPhoneの液晶漏れも即日修理