GooglePixel3のバッテリー交換【豊中市からご来店】

GooglePixel3 バッテリー交換

こんなにも隙間が空いているアンドロイドの修理を行いました。いつもスマホヒーローの記事を見ていただいている方はこの写真を見て、すぐにバッテリーが膨張していると気づいたのではないのでしょうか。

そうなんです、スマホに隙間が見られると言う事は基本的にバッテリーが膨張したことにより、バックパネルもしくはタッチパネルが押し上げられ、 粘着テープが剥がれるんです。 そもそもアンドロイドの場合は粘着テープのみでタッチパネルと本体、バックパネルと本体が接着されているため、そう簡単には剥がれないのですが、 膨らんだバッテリーの圧力により長時間内部から押されるため、このような隙間ができてしまいます。

こう見ても隙間ができているのが一目瞭然です。 バックパネルの下側は完全に外れています。本日朝起きたときにこうなっていることに気づいたそうです。おそらくだいぶ前からバッテリー内にガスが溜まり膨らみ始めたとは思いますが、寝ている間の充電中に限界まで膨張したのではないかと考えられます。

多少膨張した位ではなかなか気づくことができません。ここまで誰が見ても隙間が開いていると判断は付きますが、分解したときにバッテリーが少し膨らんでいることが判明する事もあります。画面の交換を行うつもりが、バッテリーまでも同時交換することもあります。バッテリーのもちが悪くなってきたり、急に電源が落ちたりするようであれば、どのスマホでもすでにバッテリーの膨張が始まっているかもしれません。

テリーが膨張したまま放置しておくと、さらに膨張は進んでいったり、バッテリー自体に傷がつき、もし穴が開いたりしてしまうとそこから発火したり、ガスが噴出する恐れがあります。スマホに使われているバッテリーは全てリチウムバッテリーであり、携帯式のモバイルバッテリーも同じ分類になります。 ニュースやネット記事でちらほら見かける、バッテリーから出火したと言う話題は、基本的にすべてリチウムバッテリーが関与しています。

ですのでもし自分が使っているスマホのバッテリーが膨張していることに気づいた際には、そのまま使用するのを避け、バッテリー交換もしくは機種変更を行うことをお勧めいたします。 バッテリーが膨張しているのかご自身で判断がつかない場合には、いつでも当店までお持ちください。間違えても無理矢理閉じようとゴムで止めたりはしないようにしましょう。

GooglePixelの修理も早くて30分以内に可能

交換するバッテリーをすぐに仕入れて翌日に修理を行いました。 在庫が国内にある限り基本的には遅くても翌日もしくは翌々日以内には修理することができます。 1日であれば安全にスマホを使用していただければ危険性は少ないと判断し、再度ご来店いただきました。

GooglePixel3はバックパネルから分解していきます。指紋認証ケーブルがバックパネルに接続されているため断線しないようゆっくりと開けて行きます。 ですが最初からこんなにも隙間が空いていればバックパネルを取り外すのも容易です。

GooglePixel3 バッテリー交換

バックパネルを取り外し内部を見てみると、こんなにもバッテリーは膨らんでいました。少しでも穴が開けばいつ発火してもおかしくない状況で、この状態のままバッテリーを外すのもかなり神経を使います。

バッテリーがこのように膨らんでいても、スマホは起動したり使用する事は可能ではありますが、ここまで膨らむとすぐに電源が落ちたり、気づいたら100%から30%位まで充電が減っていると言うこともざらにあります。

GooglePixel3 バッテリー膨張

GooglePixel3のバッテリーは粘着テープ2本で本体と留められているため、 ヒートガンで温めることで粘着テープを緩ませていきます。そこからヘラやピンセットなどを使いバッテリーを外していきます。こんなにも膨張したバッテリーではありますが、逆にバッテリーは取り外しやすくなっています。

外したバッテリーを見てみると内部にはガスがパンパンに溜まっており、幅が通常のバッテリーよりも倍以上になっていました。久しぶりにこんなにも膨張したバッテリーを見た気がします。GooglePixel3 バッテリー交換

後は新しいバッテリーを装着し動作確認を終えれば、GooglePixel3のバッテリー交換は完了です。メイン基盤や他のパーツを外す必要がほとんどないため、ここまでの作業は15分位できました。あとはバックパネルを接着して元通りに戻します。

GooglePixel3 バッテリー交換

バッテリー以外には異常は見られず、バックパネルもきれいに隙間なく閉じるようになりました。バッテリーが新しくなると言う事は、これからまた数年はこのGooglePixel3を使い続けることができるでしょう。30分ほどでお渡しができ、お客様も綺麗に閉じられたGooglePixel3を見て、驚きと感動の声をあげられていました。

スマ歩泰で修理される方のほとんどはやはり機種変更ではなくなるべく同じ端末で長く使いたいと希望されることが大半です。修理によってデータが消えると言うな事は基本的にはありません。ですのでデータ移行の必要もなくこのように即日で修理ができるため、豊中の皆様には大変喜んでいただいております。

GooglePixelは今後も最新機種が登場していくため、修理の需要も多くなっていくと思いますので、なるべく対応できるよう我々も尽力して参ります。ご覧のようにGooglePixelやアンドロイドの修理は、スマホヒーローイオンタウン豊中緑ヶ丘店にお任せください。アンドロイド修理の実績は地域ナンバーワンです。

関連記事

  1. iPhoneのスピーカーが音割れする原因とは

  2. アイフォン11 バッテリー膨張

    【危険】アイフォン11も既にバッテリー膨張が多発

  3. Nexus5のバッテリー交換

  4. 懐かしのアイフォン5cも修理しています

  5. Xperia XZ Premiumの画面割れもピカピカに

  6. スマホの悩みはいつ降りかかるかわかりません