HUAWEIのNovaliteのバッテリー交換

今回もバッテリーの膨張による、パネルが押し上げられ浮いている事象により、ご来店いただきました。箕面市からお越しいただいたようで、膨張に気付いてすぐに当店に電話をいただきました。

スマホで同じような現象が起きている場合の対処法を調べたところ、ほとんどの記事でバッテリーが膨張していると書いてあったため、膨張だと思ったようです。

そのスマホがこちら、HUAWEI(ファーウェイ)のNovalite(ノヴァライト)になります。

これはすでにタッチパネルを取り外した後の写真になりますが、銀色の蓋?のようなものが中央付近で膨らんでいるのがわかります。この蓋までもをこんなに変形させるくらいにバッテリーが膨らんでいると考えると怖いですよね。

放置しておけば、さらに膨張することも考えられ、重大な事故につながる危険性もあるため、すぐに修理か機種変更を行うのがいいでしょう。修理の場合だとデータを残したまま、すぐに出来ますのでおすすめです⭐︎

電話をいただいた時点で、当店にNovaliteの交換用バッテリーの在庫があったため、即日修理が可能でした。

一つ警鐘を鳴らす点として、バッテリーの膨張について調べると、針などでバッテリーに穴を開けることで、中に溜まっているガスが抜け、形が正常に戻ったという紹介記事がいくつか散見されました。

バッテリー内の構造に詳しければ、この方法は安全に行えるのですが、知識がないまま闇雲に穴を開けるのは絶対に控えるようにしてください。本当に発火や爆発を引き起こすことがあり、現に起こっています。

これも余談ですが、リチウムバッテリーによる火災がここ最近でも増えているようです。皆さん、、ゴミ出しの際には自治体ごとによって異なるため、きちんと調べて正しく廃棄しましょう。

HUAWEIの分解、修理

さて本題に戻りまして、この膨らんだバッテリーを取り外していきます。 

金属の蓋を外すと、すぐにバッテリーが見えてきました。触るのも怖いくらいパンパンに膨れ上がっています。

HUAWEIのバッテリーはかなり強固にくっついているため、膨張したバッテリーを取るのに苦労します。発火したのを見た経験があるため、毎度のことながらかなり神経を使います。

Noavaliteのバッテリー膨張でご来店される方が最近増えていますので、時期的にもバッテリーがかなり劣化しているのかもしれませんね。お使いの方々もお気をつけください!

少しでもバッテリーの不調を感じたら、それは膨張する一歩前かもしれません。お早めのメンテナンスをお勧めします。

バッテリーを無事交換できましたので、これでさらに長くこの端末を使い続けることができます。2年経ったら機種変更をするのではなく、修理を行ってなるべく同じスマホを使い続ける人も多くなっています。データ移行の必要もございませんので、お気軽にバッテリーを交換できます。

電話でもお問い合わせフォームからも見積もりや相談も承っております。

それでは皆さん、良い年末をお過ごしください!

関連記事

  1. 液晶の交換を15分で修理完了

  2. iPad Proの液晶画面交換

  3. iPhoneⅩRのリアカメラにヒビが!写真のトラブルもお任せを

  4. 最新機種のスマホもまずはガラスコーティング

  5. 液晶漏れしているXperia Xperformanceの画面割れ修理

  6. iPadAir 液晶交換修理

    iPadAir(第一世代)の重度液晶破損も承っています