iPad Airのバッテリーを交換すると…?

こんにちは。新年早々からたくさんのお客様にご来店いただき、修理を行いまくっています。やはりバッテリー交換はどの時期でも依頼が多いですね。バッテリーを交換する事で、電池のもちが新品同様に生まれ変わるため、見違えるほど快適にお使いいただけます。意外とバッテリーを交換すれば解決するという事実を知らない方が多いようで、すぐに機種変更をされる方が多いですが、特に新しい機種が欲しくないという方にはバッテリー交換がベストですね!

スマホヒーローイオンタウン豊中緑丘店は、iPhoneだけでなく、XperiaやGalaxyなどのAndroidのバッテリー交換も承っております。Xperiaのバッテリー交換もかなり多いです。さらにはiPadなどのタブレットもバッテリー交換を行っております。タブレットはスマホに比べて使用頻度が少ない場合が多いですが、流石に5年ほど使い続けていると、電源が落ちたり、動画を見ているとすぐに充電がなくなってしまいます。

新しいスマホ、タブレットを購入するのと比較しても安価で長く使い続けられますので、お困りの方はぜひご相談ください。

iPadのバッテリー交換も最短当日中のお渡しが可能

さて今回行ったバッテリー交換は、iPad Airです。iPad Airのバッテリー交換は税込で10,000円強で承っております。一番安いiPadを購入しようとしても税込で40,000円はかかりますので、どれだけお得なのかは一目瞭然ですよね。さらにバッテリーを交換するメリットとして、データの移行などが一切必要ないという事です。

皆さんのスマホやタブレットには大切なデータがたくさん入っています。思い出の写真や大事な人の連絡先、今までやり込み続けたゲームのデータなど、お金には変えられないものが詰まっています。これらのデータを一切消すことなく、全ての修理が可能であるのが当店の強みです。

ということはバッテリーを交換するだけで、データの引き継ぎを行うこともなく、同一の端末を使い続けられるということになります。正規店では、初期化状態で戻ってくることがほとんどですので、どちらを選択するかはよく考える必要があります。

iPad Airのバッテリーは、特殊な接続がなされており、初めてやる方は苦労するかと思います。特殊な接続というのは、基板の下に接続部が潜り込んでおり、本体側からでている突起物に穴が入るといった形状になっています。言葉にすると意味がよくわからないため写真でご紹介します。

こちらはiPad3のバッテリーにはなりますが、指で嵌め込むコネクターではなく、電流が通っている金属の端子が付いています。これが基板の裏側と接触することで電源が入るため、基板をまずは取り外さなければなりません。真ん中の穴は、本体からでている突起にハマり、固定されています。慣れてくれば、基盤を全て外さずにバッテリーとの接触点付近だけ浮き上がらせることで、バッテリーの端子がスッと入り込み、穴が突起に入るため、バッテリーが固定されます。

この穴が厄介なんですよね。外す時には、上に浮き上がらせなければなりませんし、はめる時にも穴に通すように基板を浮かせなければなりませんので、少しコツが入ります。基板を全て取り外す場合にはこの作業自体は楽ですが、時間と手間が多くなるので、当店ではショートカットして基板の一部を浮き上がらせています。ネットで方法を調べると、全て基板を外す方法しか載っていませんので、裏技といえば裏技かもしれません。この方法ではバッテリーを取り外すのに10分ほどで出来ちゃいます。

あとは、バッテリーが本体にガッチリとくっついていますので剥がすのに手間がかかります。バッテリーは多少変形しても大丈夫ですので、丁寧かつ思い切って取り外していきます。

無事外す事ができれば、新しいバッテリーを装着し、動作確認を行います。iPadは最後にタッチパネルを接着する必要もあるため、作業自体に最短でも30分から1時間ほどかかります。

粘着が固まればお客様にお渡しできますので、最短で即日中に修理が完了するという事です。これが当店の強みの2つ目になります。また、プライベートの観点からパスコードなどを教える必要もございません。パスコードは絶対必要だというお店もあるようですが、見られたくないデータが無いとしても気がひけるという方も多いのでは無いのでしょうか。これはiPhoneなどスマホでも同様にパスコードは必要ございません。これも安心できる一つです。

バッテリーを変えるだけで新品のような充電のもちに

バッテリーを交換すると、皆さん驚かれるほど充電のもちが改善されます。私個人としては、新品と同じくらいになると思っています。もちろん本体側にどこか不具合があり、放電量が多くなっていたり、水没した経験があるとなると話は別ですが、何年か使い続けた端末と比較するとその差は歴然です。

ということは、バッテリーさえ交換すれば、同じ端末を何年も使い続けられるということになりますよね。本当にその通りなんです。

バッテリーの交換時期の目安としては、充電回数が500回以上、使用年数が2年以上となっています。もちろん使用頻度や充電方法に依存しますので、4年以上使い続けている方もいらっしゃり、個人差はありますが大体2年で交換するのがベストです。ちょうど2年となると、キャリアでの契約も2年である事が多いので、大半の方が機種変更をするという事が頭に浮かぶ事でしょう。ですが、高価なスマホをたった2年で交換してしまうのは家計的にももったいないですよね。特に電話とメール、SNSが出来ればいいと思う方にはなるべく長く使い続けるのがオススメです。

iPhoneの場合、バッテリー交換は5000円前後で可能ですので、機種変更するのと比べるとかなりお得です。もちろんデータは消えず、即日修理が可能です。

豊中で最安値のスマホ修理屋です。箕面市にはスマホ修理店がありません。ぜひお悩みの方は、お問い合わせください。

関連記事

  1. iPhone7 充電コネクター

    充電の反応が悪い時はドックコネクターの交換で改善

  2. スマホのバッテリー劣化…原因と対処法は?

  3. iPhone7 液晶漏れ

    iPhoneの液晶漏れも即日修理

  4. Xperia XZ1compactのドックコネクター交換修理

  5. iPad Air2 バッテリー交換

    iPadのバッテリー交換/豊中、箕面では珍しい⁉︎

  6. 画面交換後には大絶賛のガラスコーティングを。まるで新品以上の輝き