iPad3のバッテリー膨張をデータそのままで即日お渡し

iPad3 バッテリー交換

毎日のように修理依頼で来るのが、バッテリーの膨張によるバッテリー交換及び画面交換です。iPhoneに限らずアンドロイドでも頻繁に来店されます。 実際にバッテリーが膨張したスマホをご覧になった事はありますでしょうか。バッテリーがいつ膨張するのかは誰にも分かりませんが、やはり使用年数が長くなるとバッテリーも劣化するため、膨張する可能性が高くなります。

また充電器に差しっぱなしのままスマホやタブレットを使っている場合には、割とすぐにバッテリーが膨張します。 先日ニュースで見たのですが、新型コロナウィルスの影響により在宅でずっと仕事をしている人が、約1年ぶりに会社に出社した際に、充電器に差しっぱなしの状態でおいてあったパソコンとスマホが全てバッテリーが膨らんでおり、かなり危険な状態であったそうです。 電源をオフにしていても充電器が差さっている以上、バッテリーは充電され続けられますので、リチウムバッテリーの内部では常に稼働していることになります。心当たりのある方は今後お気をつけください。

バッテリーの膨張はスマホを見ただけですぐにわかります。どこを見ればいいのかというと、 タッチパネルないしはバックパネルのどちらかが本体との間に隙間ができていると、バッテリーが膨らんだことにより内部から押し上げられていると考えられます。 スマホケースを装着している人はなかなか気づきにくいかもしれませんが、膨張が進んでいくと明らかに隙間ができるためそこで気づかれる方が多いです。

シンプルなバッテリー交換をされにご来店される方でも、本人は全く気づいておらず、よく見るとバッテリーが膨張していたと言うことが多々あります。 バッテリーが膨張していると言う事はバッテリーの劣化がかなり進んでいると言うことになりますので、充電の持ちがかなり悪化したり熱を持つようになります。

iPad3 バッテリー交換

iPad第3世代のバッテリー膨張によるバッテリー交換を行いました。上の写真を見てもらえるとわかりますが、 ホームボタン付近にはかなりの隙間が見受けられます。

この状態でも充電したり使用する事はできますが、最悪の場合発火したり端末が壊れることもありますので、バッテリーが膨張していると気づいたらすぐに修理を行いましょう。また放置しておくことで、液晶やタッチパネルが押し上げられ 操作できなくなることもあります。つまりはバッテリーだけでなく画面交換も必要になることがありますのでそこも注意です。

iPad第3世代の分解修理。難易度もそこそこ

こちらのiPad自体は普通に使えていたためバッテリーだけを交換していきます。バッテリーが膨張してタッチパネルに隙間が空いてるため分解は容易になりますが、iPad第3世代の分解は他のiPadよりも難易度が高いと感じます。

Wi-Fiのケーブルやマナーボリュームボタンのケーブルが切れやすくなっていますので、ヘラなどをあまり深く入れすぎずにゆっくりとタッチパネルを外していきます。

iPad3 バッテリー交換

左開きの手帳型のようにタッチパネルだけをまず外していきます。バッテリーが中から押し上げているため横から見ると液晶がこんもりと盛り上がっていました。 これ以上膨張してしまうと液晶割ってしまう可能性があります。

iPad3 バッテリー交換

タッチパネルと液晶は別々になっており、それぞれが独特なコネクターで基板と接続されています。 iPad第4世代まではこのように少し複雑な構造をしています。 コネクターを外す時よりも再度接続する際に、きれいにまっすぐ入れることが難しいためタッチパネル不良や液晶不良を起こすこともありますので、しっかり確認していきます。

iPad3 バッテリー交換

IPad第3世代のバッテリーは基盤の下に潜り込むような形で接続されていますので、基盤全体を取り外す方もいますし、バッテリーと接続されている基板のところを少し浮かすだけでもバッテリーを取り外すこともできます。 手間もかかるため今回は基盤を少し動かしてあげる形をとりました。

スマートフォンのように勝ちっとはめ込むタイプのコネクターであれば良いのですが、いまだにiPadだけはバッテリーのコネクター部分を基板の下に潜り込ませるように接続するモデルがほとんどです。

iPad3 バッテリー交換

新しいバッテリーを装着し、起動させると無事問題なく使用することが確認できました。またあんなにも空いていたタッチパネルの隙間も、綺麗に全て閉じられています。 バッテリーの交換だけで済んだのでよかったです。

このようにiPadであれば初代から最新まですべてのモデルに修理対応しております。 先日はiPad第1世代のバッテリー交換も行いました。 もう約10年前のモデルになりますが、いまだに使っている方もいるんだなと思いとても驚きました。 逆に言えばバッテリー交換などメンテナンスをするだけで、それほど長く使えるのも魅力の1つだなと思います。

作業時間は約1時間から2時間程度で分解からバッテリー交換まで可能です。 バッテリーが膨張する前に、バッテリーの劣化を感じたらすぐにバッテリー交換をすることをお勧めします。いつでもお問い合わせお見積もり可能ですので、電話かメールにて24時間承っております。いつもスマホヒーローをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

関連記事

  1. 充電コネクターも即日修理

  2. Wi-Fiに接続できないアイフォンの修理

  3. iPad6のタッチパネル交換&ガラスコーティング

  4. HUAWEI P30 Liteの水没修理

  5. 千里中央でZenfone 3 ultraの電池交換といえば!

  6. ゼンフォン3 バッテリー交換

    Zenfone3のバッテリー交換&ガラスコーティングを郵送修理で【岡山県から】