iPhoneⅩSのドックコネクターに充電器が…

こんにちは。iPhoneのお悩み相談所のスマホヒーローです。

今回は、iPhoneⅩSのドックコネクターに充電器の一部がハマってしまって取れなくなったとのことでご来店いただきました。一瞬えっ⁉︎となってしまいますが、意外とこの相談をうけることが多いんです。充電はほぼ毎日します。多い人では1日に何回も充電することでしょう。

iPhoneの充電器は、アンドロイドのようなUSBコンセントでなく、Lightningケーブルと呼ばれるアップル製品のみに使用できる形状となっています。このLightningケーブルも使っていくうちに劣化していくものであり、充電器をiPhoneから抜いた瞬間に先の部分だけ取れてしまうことがあります。そうなればドックコネクター内にハマってしまい、それが取れないということになるんです。意外とぴったりのサイズで作られているため、ピンセットなどを使って取ろうとするも、なかなか取れません。もし力づくで取れたとしても、端子がき傷ついてしまい、充電ができなくなることもあります。

そのため、もし充電器の先の部分が取れてしまい、ハマった場合には、ドックコネクターの交換を行うことになります。ちなみにですが、ドックコネクターは充電コネクターのことです。

ドックコネクター交換も即日でデータそのまま

このように充電器の部品が抜けて取れなくなった場合、お客様からはまず撮って欲しいというご要望をいただきます。ただハマっているだけだから、分解したり引っ張ったら取れるのではないかと思いがちですが、なかなか取れないものです。交換したくないという場合には、最初になんとか外れた部品を取ろうと尽力しますが、大抵の場合取れません。

また、ドックコネクターの構造上、分解したら取り出せるのかというと、穴の部分にハマったものを取り出せるほど分解することは基本できません。(アンドロイドの場合、取れるものもありますが)

となると、ドックコネクターそのものを交換するしか方法はありません。じゃあ何日か預からないといけないのかと思うかもしれませんが、ご安心ください。iPhoneの場合、パーツを揃えていますので、基本はその場で即日修理を行なっております。

iPhoneⅩSのドックコネクター交換

今回は、まだ新しいiPhoneⅩSのドックコネクターを交換しました。本体価格が相当高価であるため、充電器の部品が取れただけのために新しく交換するのも辛いですよね。保証に入っていたらまだマシですが、入っていないとなると、正規店に持っていくと本体交換になることが多いですので、結局はまた新しく買い直すことになります。

ドックコネクターの交換修理は、iPhone6sまではドックコネクターのみを取り外せばできましたが、iPhone7以降からは、基板の下に潜り込んでいるため、少し時間がかかるようになりました。それでも30分から1時間程度で終わります。

この写真がiPhoneⅩSのパネルを取り外した後の内部になりますが、バッテリーの下にある部分がドックコネクターになります。iPhoneの場合、ドックコネクターには、充電気の差し込み口というだけの役割を持つところではありません。バイブレーション機能やスピーカーの機能など様々な機能を持ちます。電話の声が届かなくなった、と行った時もドックコネクターの故障によることもあります。

このようにほとんどのパーツを取り外すことで、ドックコネクター自体を取り出すことができました。基板が思ったより小さいなと感じました。あとは取りつけていき、元に戻していきます。充電できるかや電話できるかなどの動作確認が済んだら完了です。1時間ほどかかりましたが、これで充電もできるようになり、一安心ですね。

ちなみに今回のお客様は、純正の充電器ではなくネットなどで区入試たいわゆる代替品のLightningケーブルを使用していたとのことです。安くで買おうと思えばいくらでもありますが、やはり純正品を使用することをオススメします。純正品でないと、バッテリーにも負担がかかってしまうこともあります。

もちろんアンドロイドやタブレットにドックコネクター修理も行なっています。スマホの悩みは千里中央駅からすぐのスマホヒーロー イオンタウン豊中緑丘店にお任せください。

関連記事

  1. Nexusの修理も行っています。箕面市からご来店

  2. 液晶の交換を15分で修理完了

  3. Zenfone3の画面、バッテリー同時交換

  4. マナーモードに切り替わらないスマホ

  5. 画面がつかなくなったHUAWEI P20 Liteがデータそのままで復活

  6. 連休中にiPhoneのメンテナンスをしませんか?豊中で年中無休のスマホ修理屋