iPhoneの肝であるカメラを修理

いつもブログを御覧戴き、ありがとうございます。これからも珍しい修理内容や、皆様に有益な情報をお伝えできるよう、ブログを書き続けていきますのでよろしくです!

今回は、iPhoneが持つ機能の中でも、一番と言っていいほど大切で重要視されているカメラの交換修理を行いました。あまりスマホを使わない方でも、メール、電話、LINE、カメラは利用しているのではないでしょうか。よく、高齢の方やスマホのことについて知らない方が、ガラケーでよかったんだけど…と言って使い方のご質問やわからないことを尋ねに来られますが、そのような方々でも、これらの機能はほとんど全て使っている気がします。元は携帯電話ですから、電話やメールといった機能は必ずといっても使いますが、近年のスマホではカメラの質が向上しているため、カメラの機能を重要視されるユーザーも多いです。

iPhone11シリーズでは、リアカメラでトリプルカメラが実装されました。他のスマホでもデュアルカメラまではありましたが、まさかのカメラが3つに増えたのが一番の進化点とも言われています。

ナイトモードやポートレートといった最新の機能も搭載されているため、まるで一眼レフで撮ったかのような写りになります。スマホでこんなに綺麗な写真が撮れるようになると一眼レフなど手持ちカメラの需要が減るような気がししており、少し寂しい気もします…

こんな高性能のカメラが搭載されているiPhoneですが、カメラの不具合というのも発生することがあります。むしろ性能が上がれば上がるほど、故障もしやすくなるかもしれませんね。今回は、iPhone6sと8のリアカメラを交換しました。

リアカメラの交換。レンズが割れることも

当店におけるカメラの修理依頼は、そこまで多くはありませんが、大抵の場合はカメラが使えなくなったといって持ってこられます。カメラが使えないというのは、アプリ自体は起動するにも関わらず、何も写すことができない状態であることがほとんどです。つまり真っ暗で、写真を撮っても取れないということになります。

原因は、落下した際の衝撃によってカメラ自体にダメージが加わることが多いです。カメラ自体も繊細ですので、ちょっとした衝撃にも弱いものです。また、カメラを保護しているレンズが割れることもあります。カメラとカメラレンズはパーツが別々となっているため、レンズのみが割れた場合にはカメラレンズのみを交換することになります。

こちらは今回ご依頼いただいたiPhone6sのリアカメラとカメラレンズの両方を交換した時のものです。右上の穴が空いているところに本来カメラがあり、割れたレンズを取り外しました。内側から新しいカメラレンズをはめ込み、カメラも交換しました。

カメラの交換修理は割とすぐにできますが、レンズは少し手間がかかります。

また、このiPhone6sではフロントカメラ、つまりインカメも使えない状態でした。ですが、リアカメラのみの交換で両方とも正常に使えるようになりました。これらはパーツも違っているのですが、連動しているのか両方使えなくなることがあります。リアカメラのみの交換で直らないケースもありましたので、実際に交換してみて判断することになります。

こちらはiPhone8のリアカメラのみの交換です。10分ほどの作業で、無事カメラが使えるようになりました。落としても無いのにある日突然カメラが使えなくなったとのことで、原因はよくわかりませんでしたが、カメラ自体に何らかの問題が発生したと考えられます。カメラを交換しても直らない場合には、基板側に問題があるため、修理は困難となりますが、大抵の場合は直ります。

スマホヒーローでは、iPhoneⅩ、ⅩSシリーズまでのカメラ修理を行っています。もう少し時間が経てば、iPhone11も修理が可能となることでしょう。もちろん壊れないことが一番ですので、使用には十分お気をつけください!

カメラレンズに関しましては、ガラスコーティングを行うことも可能ですので、ぜひご活用ください。

関連記事

  1. スマホだけでない、HUAWEI MediaPad M3のバッテリー交換

  2. NintendoSwitch 液晶修理 豊中

    Nintendo Switchの液晶交換も当日中に!豊中でスマホ修理以外も

  3. iPhone6s

    車に轢かれたiPhoneも即日修理で復活

  4. 郵送も対応。Zenfone3 Ultraの修理ならお任せを

  5. 一瞬水中に落としただけでもスマホは水没する⁉︎

  6. Nintendo Switchのバッテリー&SDカードスロット交換