iPhone 11のガラスコーティングが殺到中

今月10日にappleから新型iPhoneが発表されました。その名も、iPhone 11と11 Pro、11 Pro max。前回のiPhoneⅩS、ⅩS max、ⅩRのように三種類が同時発売ということになりました。背面のカメラが特徴的です。値段は思ったより高くなく、各携帯会社も色々なキャンペーンを打ち出しているため、このタイミングで機種変更をされた方は多いのではないでしょうか。

スマホヒーローの店舗がある、イオンタウン豊中緑丘には、ドコモさんとソフトバンクさんのショップがあります。また催事でauさんもよく来られています。そのため、新しく端末を購入された方が、そのまま当店へガラスコーティングをされに来られます。ありがたいことに、今ではiPhone11のガラスコーティングの依頼が殺到しております。

スマホにもガラスコーティングができるのかといった疑問をお持ちの方も多く、効果や期間などよくわからないといったお問い合わせもよくいただきます。

ガラスコーティングはうるまにするもの、という概念も意外とあるようですが、当店のガラスコーティングは万能であり、何に対しても施行できるんです。

塗るガラスでスマホをいつまでも綺麗に

まず、ガラスコーティングとはどのようにして行うのでしょうか。固体であるガラスをスマホにくっつけるのか、何か特殊な機械に入れたらガラスで覆われるのか、どうやって行なっていると思いますか。実際のところ、元の溶剤は液体なんです。つまり、スマホに特殊な溶剤を塗ることで、それが固まりガラスでコーティングされるんです。元は液体なのに、そんな強度が強いのかと当初は我々も半信半疑でしたが、ガラスコーティングによって強度はもちろん様々な効果が期待できます。

まず、皆様が一番望んでいるのはスマホを落とした時でも、画面が割れないことだと思います。絶対に割れない、とまでは言い切れませんが、ガラスの保護フィルムと比較しても同等、もしくはそれ以上の硬度を誇ります。

硬度の指標として、当店で使用しているガラスコーティングは9Hと位置付けられていますが、硬度を表す最高が9Hまでとなっていますので、実際には9H以上といっても過言ではないかと思います。

それに加えてもう一つ、ガラスコーティングをすることによって期待できる効果が、汚れがつきににくくなることです。実は我々が一番推しているのは、ここなんです。

割れないだけでなく、綺麗を保つ

画面が割れないようにするには、ガラスフィルムでも効果はありますが、ガラスフィルムは画面よりも少し小さくなっていますよね。そのため、肝心な角や端の方までは守ってくれません。しかし、ガラスコーティングは元は液体である溶剤を塗るため、画面上の全てをガラスで覆うことができます。ほとんどのスマホの画面は、端は彎曲していますが、どんな形状のスマホでも対応しているということになります。

さらには、一度塗ると、指紋などの汚れがつきにくくなあり、汚れがついたとしてもサッと拭くだけで綺麗になります。汚れ防止の効果もあるため、スマホのエステとも呼んでいます。

今お使いのスマホをいつまでも綺麗な状態で保ちたいですよね。特に最近購入した方であればなおさらだと思います。このように耐衝撃吸収の効果と、綺麗を持続する効果がありますので、ぜひ一度ご体験してみてください。

スマホ一台にかかる時間はなんと10分ほどです。厚みもないため、快適なスマホライフを送れますよー!

関連記事

  1. iPhoneのWi-Fi接続不良も修理で直る⁉︎

  2. パスコードロックも解除します

  3. スマホを買ったらまずはコーティングがベスト

  4. iPhoneⅩ

    iPhoneⅩの修理も地域最速で行います(千里中央、豊中、箕面)

  5. Xperia XZ1compactのドックコネクター交換修理

  6. Xperia XZのバッテリーを交換しました