iPhone11で電話の声が届かない?それってドックコネクターが原因かも

iPhone11 ドックコネクター修理 豊中

こんにちは。今回もご覧の皆様のお役に立てるような実際のiPhone修理について書いていきたいと思います。自分にも同じ故障が起きるかもしれませんが、原因がわかるだけでスムーズに修理を行い、通常通り使えるようになります。

明らかに見た目ではっきりと修理内容がわかるものもあれば、分解してみないと原因がはっきりしない場合もあります。どこのパーツを交換すれば良いのか明らかにわかるケースとしては、画面交換やバッテリー交換になります。画面にヒビが入っていれば、一目瞭然で画面交換を行えば改善するということはわかりますし、長年使っており充電のヘリが早くなってきたと感じればバッテリー自体が劣化していると言うのがわかります。

では実際に修理を行ってみないと故障しているパーツや箇所がわからない場合というのは、どういったものがあるのでしょうか。基板修理はもちろん修復可能かは実際にやってみないとわかりません。基板というのはいわば機械を動かす心臓部分であるため、ここが壊れてしまうと直せないことが多いです。基板ではなくパーツだけの故障の場合として、今回お話しするのがドックコネクターになります。

何度もドックコネクターの修理につきましてはご紹介してきましたが、ドックコネクターほど多機能なパーツはありません。

充電するだけではないドックコネクターの役割

ドックコネクターとは充電器を差し込む部分のことを指します。精密にいうと、iPhoneの場合はドックコネクターではなくLightningコネクターと呼ぶそうですが、充電したりパソコンなど他の製品と接続するためのコネクターです。

今述べたようにドックコネクターは充電したり接続するためだけの役割を持つものだと思われがちですが、iPhoneの場合には他にも重要な機能を持っています。ではどのような役割を持つのでしょうか。

iPhone11 ドックコネクター修理 豊中

こちらの写真は今回修理を行ったiPhone11になります。タッチパネルを開閉した時の写真です。充電の差し込み口付近にいろいろなパーツがあるのがわかります(バッテリーの下部)。右側中央より上にあるのがiPhone 11の基板です。この基板にドックコネクターやらバッテリーやタッチパネルが接続されています。

ドックコネクター周辺にあるTAPTIC ENGINEと書かれているパーツはバイブレーションです。つまりは通知が来た際に知らせてくれるのは、このパーツが振動しているからなのです。

その右側にある黒いパーツはスピーカーになります。動画を見たり音楽を流したりする際にここから下は発生します。この写真からもわかるのですが、どのiPhoneも音は右側下部からしか流れません。なぜならスピーカーは1つしかなく右側に位置するからです。たまに左側を手で閉じても音が変わらないと言ったご質問や右側からしか音が出ていないと尋ねられることがありますが、これは正常ですのでご安心ください。

ドックコネクターには他にも集音マイクがあります。電話をする際やボイスレコーダーで録音する時、動画を撮影するときにはこのマイクが音を拾ってくれます。

このようにiPhoneのドックコネクターは様々な役割を持っています。正しく言うと役割を持つと言うよりかはこれらのパーツと接続されていると言うことです。

バイブレーションがおかしければ、TAPTIC ENGINEが故障しているのかドックコネクターの接続部分が故障しているのかなどちらかが考えられます。

今回ご来店いただいたお客様のiPhone11は、電話する際に自分の声が相手に届かないと言うことでした。またボイスレコーダーやSiriも反応してくれないとのことでしたので、ドックコネクターに異常があると考えられます。

ただし、注意点として必ずしもドックコネクターの故障というわけではありません。新しいドックコネクターに接続しても、改善されない場合もあります。これがいわゆる分解してみないと故障箇所がわからない修理の1つです。

iPhone11の分解修理。開閉から交換まで

iPhoneのドックコネクター交換は時間がかかります。とはいっても1時間あればどの機種の交換も可能です。

iPhone11 ドックコネクター修理 豊中

タッチパネルを開閉してから、タッチパネルとバッテリーの接続を外します。そしてまずはSIMカードスロットを取り出します。ドックコネクターの基板と接続されているコネクターが上の写真からわかります。ドックコネクターの上にある様々なパーツを取り外していきます。

iPhone11 ドックコネクター修理 豊中

何種類ものネジで各パーツが装着されていますので、どこのネジか間違えないよう整理して置いとかなければなりません。最初の頃はよくどこのネジかわからなくなり、大変な目にあったことがあります。

慎重に各パーツを取り外すことでようやくドックコネクターの全容が見えてきます。

iPhone11 ドックコネクター修理 豊中

下の部分がかなりスッキリしていますね。iPhoneのドックコネクターはこのようにL字型になっており、かなり大きいパーツになります。Androidの場合には、差し込む部分だけになるため、小さいことが多いです。

ただここで安心してはいけません。実際に電話をかけたりボイスレコーダーを使用して、音を拾ってくれるのかを確認します。仮付では問題なくマイクが働いてくれました。もちろん充電もできるかもチェックします。

通話時に声が途切れたり雑音が入る場合にも同様の修理になることが多いです。実を言うとiPhoneにはマイクが3つあるんです。今回交換したドックコネクターに搭載されているマイクがメインのマイクになります。基本的にここのマイクが故障しやすくなります。後の二つはノイズキャンセリングとしての役割を持ちますので、基本的に今回のような通話時のトラブルで交換することはありません。音が聞こえないといった際にはドックコネクター以外の問題であることが多いです。

今回のiPhone11の修理も即日で、しかも中に入っているデータ類も全て失うことなく実施させていただきました。電話ができなくなるだけで機種変更するのはもったいない気がします。特に今回のように購入してから時間があまり立っていない場合には、修理されることをオススメいたします。

原因がはっきりとわからないiPhoneの不具合も、スマホヒーローイオンタウン豊中緑丘店にお任せください!

関連記事

  1. iPhoneよりも多い⁉︎XperiaZ5の膨張したバッテリーの交換修理

  2. Nintendo Switchのバッテリー&SDカードスロット交換

  3. 洗えるマスクの取り扱い開始しました

  4. iPhoneⅩ

    iPhoneⅩの修理も地域最速で行います(千里中央、豊中、箕面)

  5. iPhoneの肝であるカメラを修理

  6. XperiaZ5 画面交換

    XperiaZ5の画面交換‼︎豊中でアンドロイド修理なら